広瀬アリス‟ラジハメンバー”からもらった『進撃の巨人』全身タイツ姿が過激でモザイク?「超小さすぎて......」

拡大画像を見る

 女優の広瀬アリス(26)が4日までにツイッターを更新。人気アニメ『進撃の巨人』のキャラクター・超大型巨人の全身タイツを着用した写真を投稿した。

 この日、広瀬は「昨日テレビ見て思い出して ハマケンさんから貰った大型の巨人の全身タイツ。着てみた」とつづり、4日からスタートするドラマ『ラジエーションハウス2~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)で共演している俳優の浜野謙太(40)からもらったという『進撃の巨人』の超大型巨人の全身タイツを着た写真を投稿。

 しかし、「超小さすぎてファスナー閉まらないし まず、脚の丈足りないし てか見せられなさすぎて モザイクありでお送りします」との説明の通り、写真にはモザイク加工が施されている。そのため、写真では全身タイツを着た広瀬がまっすぐ立つ様子がうっすらと確認できるのみだ。

 その上で広瀬は「今年のハロウィンはちゃんと自分サイズの大型の巨人のタイツきて家で過ごしたと思います」(原文ママ)と今月末のハロウィンでも全身タイツを着ることを明かしている。

 広瀬によるモザイク加工の全身タイツショットに、ファンからは「ちゃんと着るなんて、面白すぎるwww でもどーなってんのか、気になるー!」「モザイクなしでみたいです」「モザイク越しだといろんな想像が出来て楽しいです」「アリスちゃんがこんなサービスショット珍しい モザイク無ければよかったのに」「なんか、巨人なのに…ちょっとドキドキしちゃいます」「なんかモザイクかかると 無茶苦茶いけない事してるみたい」「しかし足長い。憧れる」とさまざまな反響が寄せられている。

関連リンク

  • 10/4 13:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます