「芸能界完全引退説」渡部建を救うのはやっぱり『行列のできる相談所』!?中居正広の“NGブッコミ”に「優しい」称賛!

拡大画像を見る

 10月3日、日本テレビ系の人気番組がコラボする特番『日テレ系人気番組 秋のコラボSP!』が放送され、『行列のできる相談所』と『ザ!世界仰天ニュース』がコラボ企画を行なった。

「『行列のできる相談所』と『仰天ニュース』のコラボコーナーには、10月10日から放送が始まるドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)で主演を務める俳優の西島秀俊(50)がゲストで出演し、コーナーの終盤でドラマの番宣を行ないました。

 この番宣が終わると、MCの中居正広(49)が“ちょっと! そんな番宣じゃ! 児島!”と、アンジャッシュの児嶋一哉(49)に番宣の補足をするように求めます。児嶋は中居の振りに“俺じゃねぇよ!”とツッコミ、さらに中居が“じゃあ誰だよ!”と言うと児嶋は、“渡部だよ!”と、相方の渡部建(49)の名前を大声で言い放ったんです」(テレビ誌ライター)

 渡部は、2020年6月の『週刊文春』(文藝春秋)に複数の女性との“多目的トイレ不倫”が報じられ、すべてのレギュラー番組を降板。同年12月3日に謝罪会見を開いたものの、現在まで芸能活動を再開できていない。

「『行列』では以前、渡部さんがゲストの番宣に補足情報を加えてPRするのが定番になっていましたから、中居さんはそのやり取りを想起させるノリで、児嶋さんから渡部さんの名前を引き出していましたね。それにしても、ゴールデンタイムの番組で渡部さんイジりをしてくるとは驚きましたね」(ワイドショー関係者)

■中居MC、日テレ執行役員T氏の『行列』しかない!?

 渡部の不倫が報じられてから約1年4か月が経過した。

「もう1年以上も経過したのに、渡部さんの状況はまるで好転していません。好転どころかむしろ厳しい状況に追い込まれてきている感じで、最近では“芸能界完全引退説”までささやかれるようになってきており、タブー化も進んでいる印象です。

 やはり渡部さんの、多目的トイレで行為に及んでいたという衝撃的かつあまりにもひどいスキャンダルの内容に、番組にCMを出す立場のスポンサー的には渡部さんは完全NG。ファミリー層が多く見るゴールデンの番組だと、名前を出すことすら厳しいとも言われています」(前出のワイドショー関係者)

 こうした状況で今回、中居は相方の児嶋に話を振って、渡部の名前を引き出したのだ。

 前出のワイドショー関係者は続ける。

「特番のコラボコーナーとはいえ、中居さんが渡部さんイジりを行ったのはやはり『行列』でしたね。昨冬にあった動きに加え、今年3月5日発売の『週刊現代』(講談社)では、5月に放送される『行列のできる法律相談所』の特番で、渡部さんが復帰すると報じていました。『行列』で総合演出を務め、渡部さんと公私に渡って仲が良いという日テレの敏腕演出家のT氏が復帰を画策したといいますね」(前同)

 報道の影響もあったのか、結果的には渡部の復帰は実現しなかったが、今回、『行列』で行なわれた中居の渡部イジりには、「児島さんから渡部さんの名前言わすように振る中居くん本当優しいな」「最後に渡部の名前を言わせる優しさにも感動」「児嶋さんに渡部さんの名前言わせる中居くんが中居くんらしいな」といった反応がネットには寄せられていた。

「今や、名前を出してイジることも微妙な状態にある渡部さん。復帰に関しては全く見えない状況でしょうが、それでもテレビ復帰があるとすれば、日テレの執行役員でもあるT氏の番組である『行列』なのでは、と思わせる出来事でしたね。そしてその際の番組MCは、中居さんなのかもしれませんね……」(同)

“日本一の司会者”中居の仕切りのもとで、渡部の奇跡のテレビ復帰はある?

※動画は佐々木希のインスタグラムアカウント『@nozomisasaki_official』より 

関連リンク

  • 10/4 13:09
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます