英ベアトリス王女、第1子の名前は“シエナ・エリザベス・マペッリ・モッツィ”ちゃんに

拡大画像を見る

英王室ウィリアム王子・ヘンリー王子の従妹にあたるベアトリス王女が、第1子となる女児を出産したのは先月18日のことだった。ベアトリス王女は出産からわずか2日後に自身のTwitterで元気な女の子が誕生したことを報告、英王室も6ポンド2オンス(2778グラム)の元気な赤ちゃんが誕生したことを公表した。

そして女児誕生からおよそ2週間が経過した現地時間10月1日、ベアトリス王女が再びTwitterを更新し、かわいい赤ちゃんの足形写真を投稿。

「私達は、娘に“シエナ・エリザベス・マペッリ・モッツィ(Sienna Elizabeth Mapelli Mozzi)”と名付けたことを、喜んでご報告させていただきます。」

と娘の名前を公表した。

ベアトリス王女の夫で不動産開発業に携わるビリオネア、エドアルド・マペッリ・モッツィ氏には5歳の息子ウルフィー君(クリストファー・ウルフ君)がいるため、ベアトリス王女はエリザベス女王直系の家系から誕生した初の“継母プリンセス”と注目を浴びていたが、今回のツイートでも

「ウルフィーはシエナにとって最高のお兄ちゃんです。」

と継息子の存在に言及している。

そして夫のモッツィ氏も自身のInstagramに同じ足形写真をアップし、

「私達の人生はまだ始まったばかりだ。これから起こるであろうたくさんの素晴らしい出来事を一緒に経験するのが待ちきれないよ。」

と喜びを綴ったほか、

「素晴らしい妻、娘のシエナ、そしてウルフィーには、たくさんの愛情と感謝の気持ちでいっぱいです。これらの日々は僕が一生忘れたくない幸せな時間です。」

と家族への溢れる気持ちを吐露している。

ちなみにロイヤルベビーの名前は毎回賭けの対象になるのが通例で、ベアトリス王女夫妻のもとに誕生した女児には、マチルダ、フローレンス、アラベラ、セシリアなどといった名前が候補として挙がっていた。夫妻の選んだ「シエナ」という名はイタリア・トスカーナ地方の古都「シエナ」にちなんだものだと思われるが、英誌『HELLO!』は夫妻の友人への取材を通じ、

「お二人は公爵夫人(ベアトリス王女の母で、エリザベス女王の次男アンドルー王子の元妻セーラ・ファーガソンさん)への敬意を込め、“セーラ(Sarah)”のSで始まるイタリア系の名前を探していたんです。」

と伝えたほか、「赤褐色」の意味も持つこの名前がセーラさん、ベアトリス王女、そしてこのたび誕生した赤ちゃんの3世代に受け継がれた髪の色にも反映しているという。

英王室では今年、2月にベアトリス王女の妹ユージェニー王女に第1子オーガスト君、3月にはエリザベス女王の2番目の孫ザラ・ティンダルさんとマイクさん夫妻に第3子ルーカス君、6月にはヘンリー王子とメーガン妃夫妻に第2子リリベットちゃんがそれぞれ誕生し、ベビーラッシュとなった。

画像は『The Royal Family 2021年9月20日付Instagram「Her Royal Highness Princess Beatrice and Mr Edoardo Mapelli Mozzi are delighted」』『Princess Beatrice of York 2021年10月1日付Twitter「We are delighted to share that we have named our daughter Sienna Elizabeth Mapelli Mozzi.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

関連リンク

  • 10/4 13:12
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます