ヤマダHD、ヤマダNEOBANKの「ポイントプログラム」を開始

拡大画像を見る

 ヤマダホールディングス(ヤマダHD)は10月1日、金融サービス「ヤマダ NEOBANK」において、ヤマダデンキ店舗で利用できるヤマダポイントを進呈するポイントプログラムを開始した。

 「ヤマダ NEOBANK」は、住信SBIネット銀行を所属銀行とする銀行代理業者としてヤマダファイナンスサービスが提供する金融サービス。10月1日からは「ヤマダNEOBANK」口座の毎月の利用状況に応じて、ヤマダデンキ店舗で利用できるヤマダポイントを進呈する。
 ヤマダファイナンスサービスが取り扱う各種ローン利用において月末時点でローン残高があり「ヤマダ NEOBANK」口座からの引落しで返済する場合は月に100ポイント、給与受け取り(1回の受け取りで3万円以上)は同30ポイント、円預金(普通預金+定期預金)の月末残高合計10万円以上で同10ポイントが付与される。
 また、ヤマダNEOBANKデビットカードを使って買い物をする場合は、月間累計額5000円(税込)以上で同50ポイントを付与するほか、ヤマダデンキ店舗での利用が月間累計額5000円(税込)以上の場合は同50ポイントを加算する。

関連リンク

  • 10/4 13:05
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます