田崎史郎氏 河野氏の冷や飯人事指摘「麻生さんが説得に苦労されたと」

拡大画像を見る

 政治ジャーナリストの田崎史郎氏が4日、TBS「ひるおび!」に出演。自民党総裁選で敗れた河野太郎氏を党広報本部長に起用したのは、冷遇人事と指摘されていることに、「麻生さんが説得に苦労された」と語った。

 これまでに田崎氏は同番組で、外務、防衛、行革やワクチン担当相を歴任した河野氏の党広報部長起用について、岸田首相、麻生副総裁による「雑巾がけから始めなさい」「しっかり冷や飯食べなさい」の意図があると指摘していた。

 番組で河野氏が「どんな仕事も大事な仕事ですから」と述べたことが紹介されると、田崎氏は「あの言葉を発するまでに麻生さんが相当説得されたということですね」と述べた。

 「岸田さんと麻生さんが相談してこの人事決めてるんですけど、河野さんの説得は麻生さんの仕事で。麻生さんは苦労されたっていう話をされてる」と話し、司会の恵俊彰が「地獄耳ですね~」と振ると、田崎氏は「納得は、なかなかそれは難しいですよ」と語っていた。

関連リンク

  • 10/4 12:45
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます