予算3,000円で高級感溢れるプレゼント。働く人に贈りたいペン3選

拡大画像を見る

文房具は、プレゼントにも向いています。

何よりも、貰って嫌がる人がいないのがいいですね。多かれ少なかれ誰でも文房具を使う機会はありますから。

それから、価格が高すぎないのもプレゼントに向く理由の一つです。あまり高いものは贈る側にとって経済的負担になるばかりではなく、もらう側にとっても精神的な負担になってしまいます。「重い」と感じてしまう方もいるのですね。

このようにプレゼントに向いた文房具ですが、筆記具、とくに万年筆を贈ることには特別な意味を読み取る人もいます。「よく勉強するように」というメッセージである……という解釈もあるからです。大人が学生などに万年筆を贈るのは、これですね。

しかし私は、あまり気にする必要はないと思います。むしろ誰でも必ず使う筆記具は、実用性がある点でプレゼントには向いているのではないでしょうか。もし心配なら、渡す際に特にメッセージ性はないと一言添えればいいでしょう。

筆記具は小さいものなので、ペンケースのように贈ったものを使っているかどうかが分からないのもいいですね。「もらったものだから使わなければ……」と相手に気を使わせてしまうようでは、プレゼントとして少し重いかもしれません。

では、今回はプレゼントにおすすめのペンを見ていきましょう。

■PILOT フリクションポイントノックビズ

消せるボールペンということで大ヒット作になったフリクションですが、これは金属軸を採用し、高級感を追求したモデルです。大人のフリクション、という感じです。

金属軸だけではありません。ペン先も特殊です。

一般的なボールペンは、頑丈で安定性が高くて書きやすい「コーンチップ」か、細書きに適した極細のステンレスパイプの先端にボールがあり滑らかな「パイプチップ」のいずれかを採用していますが、これはそのどちらでもない「シナジーチップ」を採用しています。

シナジーチップはコーンチップとパイプチップの良いとこ取りをしたペン先で、頑丈なのに滑らかで安定しています。パイロットの他のボールペンに使われて非常に好評だったこのシナジーチップを、「フリクションポイントノックビズ」も採用したわけですね。ですから書き味も抜群です。

字を消すためのラバーにもキャップがついているので、外観を損ねません。ちょっと見ただけではとてもフリクションには見えませんが、フリクションなのです。

便利さと高級感を併せ持ったこのペン。もらって喜ばない方はいないと思います。高級といっても3,300円ですから、そこまで重いプレゼントになる心配もないでしょう。

価格:3,300円

■penon ヒナトリエシリーズ

これは木製の軸を使ったゲルインキのボールペンなのですが、見ての通り、ノック部分にリス、ハリネズミ、ネコをモチーフにした刺繍が入ったフラッグがついているのが特徴です。

これは刺繍作家・デザイナーのhinaka氏の作品なのですが、実にかわいいですね。媚びたところのない、上品なかわいさです。動物好きの方にはぴったりではないでしょうか。

さらにこの商品はかわいいだけではなく、動物たちが暮らす環境への配慮がなされているのも特徴です。通常ゴミになってしまう替え芯を再利用のため無償で回収してくれることに加え、パッケージはリサイクル品の森林認証紙で作られています。

このパッケージ、実は秘密があります。頭の部分を切り取って折ると、ペン立てになるのです。こうすれば動物たちのフラッグが机の上で目立ってくれるというわけですね。

これだけかわいいのに、まだあまり知られていないのもプレゼントに向いた理由です。かわいいものが好きな方へどうぞ。

価格:1,400円

■ゼブラ フィラーレディレクション

今年の11月に発売されるこのペン、太めの金属軸が特徴で、高級な重厚感がありますね。しかし実はこのペン、サインペンなのです。

「ビジネスパーソンに向いたサインペン」というコンセプトで開発されたこの商品は、ペン軸をひねる「繰り出し式」のサインペンです。

なぜサインペンが働く方へのプレゼントにいいかというと、線が太くさらさらと書けるサインペンはアイデア出しや、相手がいるシチュエーションでのプレゼンや説明にとても向いているからです。

最近増えたオンライン会議も画面が小さいですから、太く見やすい線を書けるサインペンは使う機会が多いでしょう。部下への指示出しにもいいですね。

面白いのはこのペン、先端が金色になっている点です。これはかっこつけただけではなく、ペン先でものを指し示す時に目立つようにするため。徹底して「見えやすさ」を追求したペンなのです。

サインペンの書き味の良さ、見やすさは私が熱弁しなくともご存知の方が多いでしょう。そこにビジネスシーンにマッチする高級感が加わったこのペンは、意欲的なビジネスパーソンへのプレゼントには最適なのではないでしょうか。

価格:2,200円

■プレゼントには重荷にならないペンを

今回ご紹介したペンは、どれもプレゼントにふさわしい高級感がありますが、価格は高くても3,000円ほどです。贈る側にも贈られる側にも負担が少ない価格なので、重荷にはならないでしょう。

その上、ビジネスシーンでは必ず出番がある筆記具。やはりプレゼントには筆記具が向いていると、私は思います。ぜひ、参考にしてくださいね。

(菅未里)

関連リンク

  • 10/4 11:10
  • マイナビウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます