新庄剛志監督が采配!無死二塁で選手凍るサイン 強引野球&大人げなく「イエ~ィ!」

拡大画像を見る

 元プロ野球選手の新庄剛志氏が3日放送のフジテレビ「ジャンクSPORTS」に出演。6月に惨敗し、土下座で再戦をお願いした因縁の相手、野球女子最強チームと対決した。

 モデル、声優らさまざまな職種の野球がうまい美女軍団を相手に、「新庄リベンジャーズ」と題して、今回は「3アウト取られるまでに1点取れ」の3本勝負。新庄氏が樽美酒研二、アントニー、鈴木伸之、藤田憲右を率いて対戦した。

 巨大サングラスに司会の浜田雅功から「なんちゅうグラサンはめてんねん」と突っ込みが入る中、雪辱に燃える新庄氏は監督兼キャプテンとして出場。サインも出しての采配も繰り出した。

 勝負1本目、無死一塁ではさっそくベンチの新庄監督が動き、「左手首」→「右太もも」→「帽子」→「左手首」とサインを送り、エンドランをしかけた。(結果ファウル)

 2ストライクと追い込まれた後に、再び「左手首」→「右太もも」でサインを出し、解説の真中満氏が「打っていくしかない」と話す中、打者・藤田憲右がスリーバントで送りバントを決めた。新庄監督はニヤニヤのドヤ顔で拍手していた。

 勝負2本目では一死一、三塁で、新庄氏がバットを手にして出場。前進守備の二遊間をやぶる適時打を放って、対戦を1-1に持ち込むと、大人げないほどに喜び、女子たちに向かって「イエ~ィ!」と腕を突き上げ、浜田が「あんなに喜べるんやな…野球って素晴らしいね」と笑わせた。

 勝負3本目では樽美酒研二が左前打を放つと、新庄監督は「回れ、回れ!」と声をあげ、一塁で止まった樽美酒に「回らんかい!ツーベースやろがあ!」と強引走塁しなかったことを叱る、積極野球だった。

 ただ無死二塁から再び采配で動き、「お腹」→「帽子」→「左ひじ」→「右ひじ」のサイン。これに二走・樽美酒も、打者・藤田も一瞬フリーズして動揺した様子。

 結果は藤田が強引にバントにいって投飛。投球と同時にスタートした樽美酒は二塁に戻れなかったが、守備側が二塁にベースカバーに入れず、併殺は免れた。

 ベンチでアントニーが「いま、監督からスクイズのサイン出ました!」と抗議。サイン間違いを疑われた新庄監督は「ゴロでエラーを誘って、二塁からホームに帰ってくる計算」と釈明したが、樽美酒と藤田は「新庄さん、マジで動揺しました」と抗議していた。

 対決は二死二塁からアントニーが中越え打を放ち、新庄氏チームが2-1で悲願の勝利。新庄氏とアントニーは「明日はデイリーの1面!」と歓喜していた。

関連リンク

  • 10/4 11:54
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます