斎藤佑樹が引退表明と同時に返上した「陰のアダ名」とは

拡大画像を見る

 北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手が現役引退を決断した。同時に「ホッとしたのではないか?」とその胸中を察する声も多く聞かれた。

 彼にとって、プロ野球人生は「こんなはずじゃない!」という葛藤の連続だった。

「まったれ」。プロ入りしてすぐ、陰でそう呼ばれるようになった。球界に元々あった「隠語」で、「真っ直ぐが力なく、垂れ下がっているボール」のことを指しており、それがそのまま斎藤のアダ名になった。

「プロの一流投手の直球には低めのボールが浮き上がってくるような力強さがあります。斎藤には全くと言っていいほど、それがありませんでした」(プロ野球解説者)

 この「まったれ」は大学3、4年時から見られ、各スカウトが球団に報告していた。「リーグ戦で投げ続けた勤続疲労によるものなのか、それとも…」と原因究明が終わらないままドラフト会議を迎え、斎藤指名に決めた4球団も“2006年夏の甲子園大会で見せた直球の復活”を信じての入札だった。

「プロ1年目はその『まったれ』が、逆に武器になったんです。ナチュラル・フォークボールというか」(同前)

 一時期、開き直って、この「まったれ」を武器にしていた。プロの一流バッターからすれば、球筋の悪いボールは本当に打ちにくく、そこに正規の握りによるフォークボール、スライダーも織り交ぜ、対戦打者を悔しがらせた。しかし、どのチームにも2度目は通用しなかった。

 その後、大学に入学したころの直球の軌道を取り戻そうと努力したが、逆効果だった。球速が蘇らなかったからだ。

「球速が『並み』以下では、打ってくださいと言わんばかり。努力すればするほど、特徴のない投手になっていきました」(球界関係者)

 それでも努力を続けたが、メンタルよりも先に肉体が悲鳴を上げた。晩年は故障との戦いも加わった。

「30歳を迎えたころ、それを認めたくない一心で投げ続けていました」(同前)

 ピークは18歳、夏の甲子園大会だったというわけか…。“早熟投手”にとって、プロ野球生活は苦痛の日々でもあった。「まったれ」と、もう揶揄されることはない。斎藤はどこか安堵しているのではないだろうか。

(スポーツライター・飯山満)

関連リンク

  • 10/4 11:39
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • イワ

    10/5 17:12

    元々、二流もしくは三流だったって事でしょ!ただ女共が沸いてたからグッズ等の売り上げが見込めるって考えて入団させただけ!本人も毎晩谷町さんに連れられてキャバやクラブ通いしてたみたいやし!

  • まぁ野球関係者など皆が言ってた通り 大学行かずに高校からプロに行けばまた違ったかもな

  • あきひろ

    10/5 12:11

    中学高校で走り込み 腹筋 背筋などで体の軸を作ってこなかったのだろうね。

記事の無断転載を禁じます