乃木坂46生田絵梨花「レ・ミゼラブル」千穐楽迎え“試練”振り返る「作品にぶつけるしかありませんでした」

【モデルプレス=2021/10/04】乃木坂46の生田絵梨花が3日、自身のInstagramを更新。ミュージカル『レ・ミゼラブル』の自身の千穐楽を迎えたことを報告し、“試練”を振り返った。

◆生田絵梨花「レ・ミゼラブル」千穐楽迎え想いつづる

「レミゼ2021一足早く、千穐楽を迎えました」と報告し、キャストとの2ショットを複数枚公開した生田。

新型コロナウイルスの感染拡大による公演中止などを経験したことから「いやぁ…試練続きでした。色々あった。明かせることも、明かせないことも。全部ひっくるめて作品にぶつけるしかありませんでした」と振り返った。

「受け取ってくださる皆様がいて、陰で寄り添ってくださる大切な人達がいて、私は生きることができました」と明かし「本当にありがとうございます」と感謝した生田。

また、今回の出演を通して「大袈裟ではなく命を賭けて演じるってこういうことなんだ」と学んだといい「これからも、彼らが夢見た明日を進んでいけるよう戦っていきたいです」と劇中歌である「民衆の歌」の歌詞を用いてつづっている。

◆生田絵梨花、千穐楽報告に反響続々

ファンからは「本当にお疲れ様でした!」「生ちゃんのエポニーヌに出会えて幸せです」「いくエポカッコよかったです」など多くの反響が寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/4 11:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます