東野幸治、変人伝説 20年通う洋食屋で会話なし 塩の瓶見つめ食事待つ

拡大画像を見る

 タレントの東野幸治が3日、日本テレビ系「DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくりナンデス!日テレ系秋のコラボSP」に出演。数々の“変人伝説”が明らかになった。

 この日は東野VS笑福亭鶴瓶の「変人対決」を放送。それぞれをよく知るタレントが、変人エピソードを紹介した。

 その中で出川哲朗が「(東野は)20年通い続ける洋食屋の店員と一度も話したことがない」と暴露。出川もその店に通っており、「そこのママに(東野は)変わってるけど面白いでしょ?といったら一度もしゃべったことがないと」と言い、スタジオは騒然。「(食事を)頼んでから運んでくるまで、テーブルの塩の瓶をずっと見ている」という驚きのシチュエーションも明かされた。

 Sexy Zoneの菊池風磨も「盛り上げる時は盛り上げるが、死んだサバの目もする。あれは全部使われないんやと。いらないところは全く力を使わない。余熱で動いてた」と証言。

 またベッキーは、東野が「行列のできる法律相談所」での明石家さんまのVTRで涙を流したことに「さんまさんの回、視聴率取れるところで泣く。プロデュース力がすごい」と証言。この涙の影響でポケモン映画のCMが舞い込んだが、その映画では涙は「出んかったんや」と言い放ち、スタジオからは「それは酷い!」の悲鳴があがった。

関連リンク

  • 10/4 11:30
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます