これ、なんと読む!?「自彊息まず」の読み方、知っていますか?

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250287/ )

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「自彊息まず」です。

 

「自彊息まず」の読み方は?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250287/ )

「自」と「息」は日常生活でもよく目にする漢字ですが、「彊」は頻繁に見かける漢字ではないため、「自彊息まず」の読みにつまづいた方も決して少なくないのではないでしょうか。

まずは正解を見てみましょう。

 

正解は……

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/250287/ )

「じきょうやまず」です。

四字熟語として表される場合は「自彊不息(じきょうふそく)」と読みます。

「自彊息まず」は古代中国の書物で儒教の経典の一つである『易経』の言葉で、意味は

自ら努め励んで休まない。努力して怠らない。

出典元:精選版 日本国語大辞典

です。「自彊」のみでも“自分から進んで努力し励むこと。休まずに努めること。(出典元:ジキョウ|言葉|漢字ペディア)”を意味します。

「彊」には

①つよい。
②つとめる。はげむ。

出典元:彊|漢字一字|漢字ペディア

の意味があります。

“①つよい”の類語には「強」が挙げられるのですが、ここでもう一問漢字クイズを出題します。以下の「彊」のつく言葉、何と読むかわかりますか。

彊い 彊いる

ヒントは“①つよい”の類語が「強」であることです。

正解は……

つよい しいる

です。

「強い」「強いる」と書く場合と意味は同じで、それぞれ

力がある。がっちりしている。 無理やりさせる。

を意味します。

とはいえ、「彊」は常用漢字表外の漢字なので、日常生活で見かける機会はないでしょう。

ちなみに「自彊息まず」の類語には

努力を惜しまず 骨身を惜しまない 労を惜しまず 手を抜かない

などが挙げられます。本記事をきっかけに、「努力を惜しまない」「手を抜かない」などの言葉を用いる際、「自彊息まず」の表現も思い出していただけると幸いです。

 

関連リンク

  • 10/4 2:30
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます