布袋寅泰、デコトラバンド・田川ヒロアキさんとの出会いに「抱きしめたくなった」

拡大画像を見る

 ギタリストの布袋寅泰が4日、日本テレビ系「スッキリ」で、東京パラリンピック開会式で共演した全盲のギタリスト・田川ヒロアキさんへの思いを語った。

 この日は番組に田川さんが生出演し、超絶ギターテクを駆使した生演奏を披露。田川さんを支える妻・美瑞穂(みずほ)さんも登場し、夫婦二人三脚で歩んできた道のりなども語った。

 その中でサプライズとして、開会式のデコトラバンドで共演した布袋のメッセージビデオが流された。

 布袋は「初めて田川さんとお会いした時のことは忘れません」と切り出し、「彼がギターを手にして音を奏で始めた瞬間、あまりに素晴らしいテクニック、澄んだ音色。素晴らしいミュージシャンと出会えた。開会式に参加して素晴らしい出会いがあったとその瞬間に胸が熱くなって、嬉しくて嬉しくて抱きしめたくなった」と感激の初めての出会いを振り返った。

 開会式では、布袋とのギターバトルも繰り広げられたが「4小節という限られた中での僕とのギターバトルで彼らしく、高らかに世界中に響き渡るようなギターを弾いてくれて嬉しかった」とコメント。

 「僕も、君のライバルとして頑張りたい。いつかデコトラバンドでセッションできる時がきたら、いろんな思い出を語り合おうね」と呼びかけていた。

 これに田川さんは「驚きました」と歓喜の表情。「ライバル…恐れ多いです」と恐縮しきりだった。

関連リンク

  • 10/4 10:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます