リモート授業が楽しくなるように 歌って踊る先生の動画が大絶賛される

拡大画像を見る

新型コロナウイルス感染症の影響により、世界の学校では生徒たちが自宅でオンライン授業を受けることを余儀なくされています。

学校に行けないことで友達にも会えずにさびしい思いをし、授業に集中できない環境の子供たちもいるといいます。

こうした中、1人の幼稚園の先生が注目を集めています。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州にある『ニュー・ランブトン・サウス・パブリックスクール』。

この学校の幼稚園で教師をしているブレンダン・ジャクソンさんは、園児たちがリモート授業に楽しく参加できるように、ある試みを始めました。

それがこちらです。

歌って踊る、ジャクソン先生登場!

バックストリートボーイズの曲に合わせて、「みんな、パソコンを持ってきて。Zoom授業は10時から始まるよ!何か質問があれば、今聞いてね!」と替え歌を披露しました。

彼は毎回、Zoomでのオンライン授業のために、このような動画を作っているのです。

学期末には、ディズニー映画『リトル・マーメイド』の名曲『Under The Sea』をカバー!

「今学期のZoom授業はあと1回だよ。さあ、10時になったらパソコンにログインしてね」と園児たちに呼びかけました。

『ニュー・ランブトン・サウス・パブリックスクール』のアンドリュー校長が、ジャクソン先生の動画をSNSで紹介したところ、拡散され、絶賛されています。

・レジェンドだ!僕もこんな先生に習いたかったよ。

・この先生のクラスの園児たちは、彼のことが大好きにちがいないね。

・素晴らしいユーモアセンス!大笑いしたよ。

ジャクソン先生のクラスの園児たちは毎朝、彼の動画を楽しみにしているはず。

リモート授業になり、世の中の先生たちはみんな、生徒が前向きに授業に参加できるよう、あらゆるアイディアを駆使していることでしょう。

予期せぬ状況になっても、そこでベストを尽くそうと頑張ってくれている先生たちに、大きな拍手を送りたいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @riceman008

関連リンク

  • 10/4 10:43
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます