「断られるのが怖い...」相手に好かれているか見極める方法とは

拡大画像を見る


「断られるのが怖くてなかなか告白ができない」「相手の気持ちが分からないから告白を待ちたい」といった経験はありませんか。相手の心が分かれば傷つくことはありませんが、現実では難しいですよね。自分に対して気があると分かれば、積極的にアプローチできるでしょう。今回は、相手の言動や行動から自分を好きかどうか見極める方法をご紹介します。


連絡は相手から?それとも自分から?

相手から頻繁に連絡がくるといった場合、好かれている可能性が高いでしょう。貴重な時間を、好きでもない女性に費やす人はそうそういません。連絡頻度が多いのは、相手と色んなことを共有したいという気持ちの表れです。しかし、いつも自分からしか連絡をしていないという場合は、片想いや面倒くさいと思われている可能性があるでしょう。


些細な変化に気がつく

気分転換で変えたネイルやメイク、テイストの違う服装など細かい変化に気付いてくれる男性って時々いますよね。些細なことにも気づくほど、見ている証拠です。もし、好きな相手が自分の変化によく気づいてくれるという場合は、期待してもいいでしょう。しかし、女癖が悪い男性は誰に対しても同じことをいっている傾向にあるので、見極めが必要です。


質問が多い

質問ばかりされるのは、あなたのことをもっとよく知りたいという気持ちの表れです。やたらと質問が多いな、と感じたら脈アリのサインとして受け取ってもいいでしょう。好意のない女性にわざわざ質問を投げかける人は、滅多にいません。興味がある・心のどこかで付き合いたい、と思っている可能性が高いといえます。


目がよく合う

好きな人とよく目が合う、それは相手があなたを無意識に目で追っている証拠です。他人の心は目に見えないもの。しかし、無意識に好きのサインを出している人は、とても多いといえます。いつも気付いたら近くにいる・目が合う頻度が高いという場合は、好意をもたれている可能性が高いでしょう。


まとめ

好きのサインはちょっとした会話・瞬間に隠れていますが、気持ちを隠して相手からの告白を待っている草食系男子も存在しますよね。自分から積極的になればチャンスも多く巡ってきますので、好きのサインを見逃さずしっかりと見極めましょう。好意をもっている場合、返信速度が速かったり悩みを親身になって聞いてくれたりなど、他の人とは違う優しさや一面をみせてくれますよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/4 11:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます