【サウジアラビアRC見どころ】良血ディープ産駒コマンドラインが人気の中心

拡大画像を見る

 コマンドラインに注目したい。6月の新馬戦以来の実戦を勝利で飾ることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■10/9(土) サウジアラビアロイヤルC(2歳・GIII・東京芝1600m)

 コマンドライン(牡2、美浦・国枝栄厩舎)は重賞2着3回のアルジャンナが全兄にいる良血のディープインパクト産駒で、今回と同舞台の新馬戦を単勝1.1倍の人気に応えて完勝した。4か月ぶりの休み明けとなるが、中間の調教で抜群の動きを披露するなど確実に成長。無傷2連勝を期待したい。鞍上はC.ルメール騎手。

 ステルナティーア(牝2、美浦・岩戸孝樹厩舎)は18年のマイルCS覇者ステルヴィオの全妹にあたるロードカナロア産駒。新潟芝マイルの新馬戦でデビューし、楽な手応えのまま抜け出して3馬身差の完勝を飾っている。素質はかなり高そうで、2戦目の走りも楽しみだ。鞍上は福永祐一騎手。

 その他、新潟2歳S・5着から巻き返しを狙うスタニングローズ(牝2、栗東・高野友和厩舎)、ビックリシタナモーの弟にあたるドレフォン産駒ウナギノボリ(牡2、栗東・音無秀孝厩舎)、同舞台の未勝利を制しているフェスティヴボス(牡2、美浦・根本康広厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

関連リンク

  • 10/4 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます