槙原寛己、“あの頃申告敬遠があったら…”と動画吐露した「超痛恨サヨナラ打」

拡大画像を見る

「巨人三本柱」で活躍した元プロ野球選手・槙原寛己氏が、自身のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉で9月13日に投稿したタイトルは〈【大谷翔平も選ぶセットポジション】槙原が始めた理由は○○が面倒だったから!&【近未来野球のルール改正も大予想!】〉。

 同投稿回で槙原氏は、かつては「ワインドアップ」主流だったピッチャーの投球動作だが、MLBで活躍する大谷翔平や、ソフトバンクホークスの千賀晃大など、昨今では「セットポジション」で投げるピッチャーが増えていることを示唆。現在、我々があたり前のように見ている野球の姿が、近未来には変革が起きるのでは…とし、その一例として、「究極は、ピッチャーとバッターの距離が変わる…?」と話した。

 バッターが打ちすぎる、ピッチャーが抑えすぎるといったバランスいかんでは、18.44メートルのマウンドとホームベースの距離が変わる可能性にも言及しているのだ。

 そんな話題の中で、槙原氏がこうも振り返った。

「敬遠が申告敬遠になったでしょ?あれ、もっと早く導入されてたら、オレ、新庄に打たれてないし…」

 1999年6月12日の「巨人─阪神」戦において、槇原氏の敬遠球を新庄剛志氏が踏み込んで打ち、三遊間を破るサヨナラ打となったエピソードを苦笑を交えて回顧。スタッフの笑いを誘ったのだった。

 確かに、槙原氏が言うように、あの当時に「申告敬遠」があれば、槇原氏が落胆することもなかった半面、新庄氏のようにヒーロー扱いを受ける選手もいなかったことになる。どちらが野球ファンや視聴者を魅了するルールなのか、改めて考えさせられる指摘ではあった。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 10/4 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます