シャキーラ、野生イノシシに襲われてバッグを奪われる 8歳息子と公園を散歩中に

拡大画像を見る

シャキーラが現地時間9月29日、8歳になる息子ミランくんとスペインの都市バルセロナの公園で過ごした時の様子を自身のInstagramストーリーで伝えた。

公開した動画では、シャキーラが引き裂かれたバッグをカメラに向かって見せ「これを見て。公園で私を襲った2頭のイノシシがバッグをこんなふうにしたのよ。彼らは携帯電話が入った私のバッグを森に持って行き、全部壊してしまった」と話している。

続いてシャキーラは、ミランくんにカメラを向け「ミラン、本当のことを言うのよ。ママがどうやってイノシシに立ち向かっていったかを話して」と語りかけた。

シャキーラはこの事件がいつ、どの公園で起こったのかといった詳細については明かしていないが、親子ともに怪我などはなかったようだ。また別の投稿では「シャキーラ、財布を取り戻すためにイノシシと対決」と記して、親子がイノシシを退治する合成写真を公開した。

ミランくんは、シャキーラと恋人でサッカースペイン元代表ジェラール・ピケ選手との第1子だ。第2子のサーシャくん(6)は、今回公園にはいなかったとみられている。

なお『BBC』によると、バルセロナでは近年野生のイノシシが増加しており、ますます攻撃的になってきているとのことだ。2013年には警察官がイノシシを拳銃で撃ったものの、別の警察官に被弾する事故が起きており、2016年には野生のイノシシによる飼い犬への襲撃や飼い猫の餌の略奪のほか、車に衝突したり渋滞を巻き起こすなど1187件に及ぶ苦情がスペイン警察に寄せられたという。

シャキーラの体験はSNSでも話題になり、さまざまな意見が飛び交った。

「どうやらシャキーラは、2頭の野生のイノシシに強盗に遭ったらしい。これは心配だ。奴らはオーストラリアでは、牛と対決しているからな。」
「数年前、2人の友人がイノシシに襲われた。確かモロッコの空港だったと思う。1人は深い傷を負い、何針も縫うことになったんだ。イノシシはシャレにならないよ。」

またミランくんの父ジェラールがディフェンダーだったことから、「これは絶対、シャキーラがジェラール・ピケのような強いディフェンダーが必要ってことだな」とジョークを交えるコメントも見受けられた。

ちなみにシャキーラは2012年、南アフリカを訪れた際に「トドに襲われた」と告白したことがあった。

画像は『Shakira 2021年7月25日付Instagram「Ditto」、2021年10月2日付Instagram、2021年8月28日付Instagram「Guess who I brought to the @wavegarden_official!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 10/4 9:08
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます