小倉智昭へ谷原章介「驚きました」 三宅正治アナも「小倉さん、待ってますよ」

拡大画像を見る

 フジテレビの三宅正治アナウンサーが4日、同局「めざましテレビ」で、キャスターの小倉智昭の肺がん転移の報道に触れ「我々も応援しながら待ちましょう。小倉さん、待ってますよ!」と呼びかけた。小倉氏は18年に膀胱がんの手術を受け復帰してた。

 番組では、一部で報じられた小倉の肺がん転移の報道を紹介。小倉は18年に膀胱がんの手術を受け、復帰。今年3月には22年続いた「とくダネ!」を卒業し、テレビやラジオで精力的に活動をしていた矢先の報道だった。

 これに軽部真一アナは「3月に(とくダネ!を)卒業され、その後のテレビ、ラジオで精力的に活動されていました。テレビの小倉さんの密着ドキュメンタリーを見て、やっぱりかっこいいなと思った」と切り出し、「そういった中、今回の病発覚、我々も驚きましたし、小倉さん自身のショックも大きかったと思います」と語った。

 その上で「でも三宅さん、小倉さんのことですから、治してまた小倉節を聞かせてくれますよね?」と三宅アナに問いかけ。三宅アナも「間違いないです。小倉さんは今月いっぱい入院して、来月はリハビリ期間にあてるということですが、我々も応援しながら待ちましょう。小倉さん、待ってますよ!」とエールを送っていた。

 続く「めざまし8」でも、「とくダネ!」の後を引きついだ谷原章介が「本当に驚きました」とコメント。永島優美アナも「先月の『小倉ベース』でも楽しそうに話していたのを拝見したので驚きました」とこちらも沈痛な表情。谷原は「場所が肺ですから、気管支系の病気が流行っている中、部位としても心配です」と述べた。

 そして「まずはゆっくりして頂いて」「東京五輪パラリンピック、元気な姿忘れられません。まだまだ出来る事、ぼくら信じております。小倉さん、復活お待ちしております!」とこちらも力強く呼びかけていた。

関連リンク

  • 10/4 8:28
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます