黒酢のコクでご飯がすすむ!新米にぴったりの秋のおかず「豚肉とサツマイモの黒酢酢豚」

採れたての「サツマイモ」が出回る季節。冬に届く甘みの増したものと比べると、秋のサツマイモは甘みが控えめなものが多いので料理に取り入れやすく、幅広い料理に秋らしさを感じさせてくれます。

今回は「豚肉とサツマイモの黒酢酢豚」をご紹介します。

素揚げしたサツマイモが黒酢の甘酢あんに合い、お肉にボリュームもあり食欲の増す秋にピッタリのおかずです。ポイントは肩ロース肉はよくたたいて下味をよくもみこむこと。肉の食感が柔らかく感じられます。


■豚肉とサツマイモの黒酢酢豚

調理時間 15分


レシピ制作:保田 美幸



<材料 2人分>
豚ロース肉(ブロック) 250g

 酒 小さじ2
 砂糖 小さじ1/2
 しょうゆ 小さじ2
 溶き卵 1/2個分
片栗粉 大さじ2.5
サツマイモ 150g
レンコン 100g
揚げ油 適量

 黒酢 大さじ2
 砂糖 大さじ2
 しょうゆ 大さじ2
 中華スープ 150ml

 片栗粉 小さじ1
 水 小さじ2
ゴマ油 小さじ1/2
玉ネギ 1/4個

<下準備>
・サツマイモは皮ごとひとくち大に切り、レンコンは皮をむいてひとくち大に切り、共に水につける。

・玉ネギは縦薄切りにして水に放ち、辛味を抜く。

・ボウルで<下味>の材料を混ぜ合わせる。

・<水溶き片栗>の材料を混ぜ合わせる。

<作り方>
1、豚ロース肉はひとくち大に切って肉叩きで叩き、<下味>をもみ込む。


肉叩きが無い場合は包丁の背で軽く叩いてください。<下味>の水分が豚ロース肉に完全に染み込むまでもみ込んでください。

2、サツマイモとレンコンの水気をペーパータオルで拭き取り、フライパンに移す。揚げ油をヒタヒタの高さに注いで強めの中火で素揚げして取り出す。


3、(1)の豚ロース肉に片栗粉をまぶし、(2)の揚げ油で揚げて取り出す。


4、別のフライパンに<調味料>の材料を入れて強火で煮たて、<水溶き片栗>をまわし入れる。トロミがついたらサツマイモ、レンコン、豚ロース肉を加えて煮からめる。


5、仕上げにゴマ油を加えて器に盛り、玉ネギの水気をよく絞って添える。



仕上げの薬味は白髪ネギや刻んだ白ネギもオススメです。
新米の季節にご飯がすすむおかずとして楽しんでいただけたら幸いです。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/4 8:00
  • E・レシピ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます