山崎育三郎&井桁弘恵、反町隆史のオーラに圧倒?

拡大画像を見る

『オシャレ30・30』『おしゃれカンケイ』『おしゃれイズム』の襷をつなぐ、新番組『おしゃれクリップ』(日本テレビ系、10月10日スタート、毎週日曜22:00~)のリモート囲み取材が行われ、MCを務める山崎育三郎と井桁弘恵が初回収録の感想を語った。

本番組は「おしゃれ」を通してゲストの知られざる個性や人生観に迫るトーク番組。ゲストが自身の「おしゃれ」をセルフプロデュースし、普段のイメージとは違うファッション・メガネ・メイク・髪型など、やってみたい「おしゃれ」に身を包むところからスタート。装いを新たにしたゲストの「おしゃれ」から、個性・スタイル・過去のターニングポイント・こだわりなどにフォーカス。「私の中の、もうひとりのワタシ」をテーマに、ゲストの秘めた思いや新たな輝きを最大限に引き出していく。

初回のゲストは俳優の反町隆史。山崎は「1回目ということで緊張感はあったんですけど、反町さんがゲストに来てくれたので、ゲストの方に楽しんでもらえるよう頑張りました。初めてにしては頑張ったと思います」と照れ臭そうに収録を振り返る。「現場は初回ということで緊張感があったんですけど、僕としては反町さんにいろいろなお話を伺えて良かった。反町さんが盛り上げてくれたのもありがたかった」と反町の存在に助けられたと感謝。

収録前の一週間はゲストについてとにかく調べる一週間であったともいい、山崎は「YouTubeで色々反町さんのことを調べました。昔の反町さんのドラマなどをその流れでついつい見てしまったり。反町さんのことをたくさん考えた一週間でした」と回顧。長い歴史を持つ同番組のスピリットを受け継ごうと努力したことも強調し、「『おしゃれイズム』には僕もゲストで出演させてもらったことがあったんです。僕がリラックスできる空気を作ってもらった。今回の収録でもそこを大切にしたいなって。リラックスできる空気感を二人で作っていきたい」と今後の放送に対しての意気込みを語った。

井桁も「ゲストの方が魅力的に見える空気感を作っていきたい」と山崎に同調。反町に対しては「小さい時からテレビで見た方。緊張しました。どんな方なんだろうって。そわそわしました」と最初は構えていたというが、「いろいろなこと、面白い話をたくさんしてくださって楽しかったです。初めて見た時は本当に生で見れたって。そのオーラに圧倒されて感動しました」と笑顔で振り返る。MCとしての互いの印象を問われると井桁は「山崎さんは(雰囲気が)柔らかくて、みんなの歌のおにいさんっていう印象は変わらなかった」といい、山崎も「しっかりしているって思いました。安心感がありました」と井桁の印象を述べていた。

関連リンク

  • 10/4 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます