小栗旬は「基本かまってほしいという方」ウエンツ瑛士が信頼関係明かす<日本沈没―希望のひと―>

【モデルプレス=2021/10/04】俳優の小栗旬が主演を務める10月10日スタートのTBS系日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜よる9時~※初回25分拡大)の製作発表会見が行われた。

◆小栗旬主演『日本沈没―希望のひと―』

原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。刊行の翌年にはTBSでテレビドラマ化され、それ以降もドラマのみならず映画やアニメ、漫画など様々なかたちで語り継がれてきた。刊行から48年の時を経て、この原作に大きくアレンジを加えた今作は、原作でも描かれていた「環境問題」を、2021年バージョンとして今に照らし合わせて鮮明に描き出す。

さらに、主人公を含め登場人物をオリジナルキャラクターにすることで、2023年の東京を舞台にした、今だからこそ描くべき物語を展開。沈没という目に見えない危機が迫る中で「見出していく希望」をテーマに描いていく。

◆ウエンツ瑛士、小栗旬は「基本かまってほしいという方」

会見に登壇したのは、小栗、松山ケンイチ、杏、ウエンツ瑛士、中村アン、國村隼、比嘉愛未、石橋蓮司、仲村トオル、香川照之の10名。

撮影は今年の春にすでに終了している本作について小栗は、「こんなに素敵なメンバーとこういう風に作った作品が、とうとう皆さんに見ていただけるということで、非常に嬉しく思います」と感慨深げに答えた。

本作の「信じられるリーダーはいるか。」というキャッチコピーにちなんで、自身が思う“信じられるリーダー像”を問われた小栗は「信じる力が強い人」と回答し、その理由について「信じられるリーダーは、自分を支えてくれる人たちを最後まで信じ抜く力を持っている」とコメントした。

司会者から「普段の自分はリーダーっぽいか」と問われると、「全然ないです!」と即答した小栗。

小栗のリーダー素質について、プライベートでも交流があるウエンツは「僕はリーダーだと思ってますよ。基本かまってほしいという方だと思うので」と笑いを混じえながら話し、「実際に小栗さんを頼ると、頼りがいのある男であるのは間違いない」と大きな信頼を抱いていることも明かした。

◆小栗旬、松山ケンイチと17年振りに共演「いっぱい支えてもらいました」

さらに、小栗と松山が17年ぶりに共演したことについての話題になると、小栗は「楽しかったです。いっぱい支えてもらいました。(松山演じる)常盤にも、マツケンにも」と笑顔。

松山も、常に現場でアンテナを張って色々な人と積極的にコミュニケーションをとる小栗に刺激を受けたと話し、「天海が小栗くんで本当に良かったなと思います」と真っ直ぐに伝えた。

また、小栗が現場で積極的に交流するようになったのは香川の影響が大きいと語り、「20代前半のときに、父から『ちゃんと人の名前は覚えなさい』と言われて現場に行っていたときに、自分より先にスタッフの方々の名前を覚えていたのが香川さんで、上には上がいるなと思った」と回顧。

当時について香川は、「僕が香川という名前で呼んでもらえないことが多いという話をしたら、小栗さんも自身の名前を呼び間違えられた経験があるという話をしてくれて、『じゃあ名前を呼ぶことは大切だからやろうね』っていうのを話したことがあります」と、直接アドバイスをした経験も懐かしく振り返った。

◆ウエンツ瑛士、サプライズで36歳バースデーを祝福される 香川照之からツッコミも

会見の最後には、8日に36歳の誕生日を迎えるウエンツをサプライズで祝福。

驚きの表情を浮かべながら花でできたケーキを受け取ったウエンツは、香川の「(ろうそくのように)吹いて!吹いて!」という無茶振りにもノリ良く対応。

36歳の抱負を聞かれると「イギリスに行ってお芝居を学んだので、来年もお芝居をしっかりやっていきたいと思います!」と意気込んだ。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/4 6:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます