槙原寛己、あの“阪神バックスクリーン3連発”を生み出した!?2年前の因縁

拡大画像を見る

 1985年、阪神タイガースが2リーグ制になって初の日本一を達成したこの年、巨人の槙原寛己氏にとっては試練の年だった。4月17日、甲子園球場で開催された「阪神─巨人戦」において、ランディ・バース氏、掛布雅之氏、岡田彰布氏といった阪神のクリーンナップによるバックスクリーン3連発を浴びると、7月14日の試合中に左股関節骨折の重傷を負い、わずか4勝でシーズンを棒に振っているのである。

 中日ドラゴンズで活躍した元プロ野球選手、川上憲伸氏のYouTubeチャンネル「川上憲伸カットボールチャンネル」(9月27日付)に掛布氏が出演。そこで掛布氏は、その槙原氏との関係について「ドラマがあるんだよね」と語っている。

 83年4月16日、槙原氏がプロ初登板にして「1‐0」で初完封勝利を飾った相手チームが阪神であり、また最後のバッターが自身であったことに掛布氏は触れ、「言い訳になりますけど、浜風が無ければ入ってただろうという…同点ホームランだと思ったんだけど、浜風に負けまして、その悔しさがあったの」と、甲子園球場独特の浜風と槙原氏の好投に泣かされた試合を回顧。「阪神を強くしたのは槙原さんのせいかもしれないですね」との川上氏に、掛布氏が「それはそうだと思う」と笑う一幕があった。

 巨人・江川卓氏との名勝負が語られる機会は多いが、あの3連発、そして阪神タイガース日本一のきっかけとも思える対決を振り返った今回の動画は、実に貴重。槙原氏は自身のYouTubeチャンネルを開設しているだけに、掛布氏との舌戦にも期待したいが、はたして。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 10/4 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます