木村拓哉 山下達郎&真島昌利が楽曲提供 1・19ソロアルバム「Next-」発売

拡大画像を見る

 俳優の木村拓哉(48)が、来年1月19日にオリジナルアルバム「Next Destination」をリリースすることが3日、分かった。2020年1月の「Go with the Flow」以来2年ぶり2枚目。シンガーソングライターの山下達郎(68)とロックバンド、ザ・クロマニヨンズの真島昌利(59)の豪華アーティストによる楽曲「MOJO DRIVE」などが収録されている。

 木村にとって、2020年1月リリースの「Go with the Flow」以来となるソロアルバム。今作のタイトル「Next-」は、コロナ禍の混乱を経て、次なる新時代の到来を願う気持ちが込められている。

 木村は「思いがけない状況の中、自分ができることは何かを考え続けてきた日々でした」と語り、「“以前のような形に戻ったら…と願うより、今はとにかく次の目的地に向かって新たな一歩を踏み出そう”という思いです。タイトルの『Next Destination』(次の目的地)には、そんな僕自身の気持ちと決意を込めています」とコメント。「可能な方法を見つけて、できれば楽しく騒げるライブも実現させたい」と今作を引っ提げてのコンサート開催の構想も明かし、「行くしかないっしょ!次の目的地を一緒に目指しましょう」と熱く呼びかけた。

 代表的な楽曲のひとつが、かねてから親交の深い山下が作曲を手掛け、真島が作詞を担当した「MOJO-」。2020年2月開催のワンマンライブツアー東京公演に来場した山下が「木村くんはヴァリトンボイスで歌ったほうがより色気のある歌になるよ!」とアドバイスし、これまでの木村のイメージを覆すような骨太なロックに仕上がっている。

 山下は「木村くんとは25年以上の長いお付き合いですが、実は私、彼のスッピンの歌声をほとんど聞いたことがありませんでした。オジさんリズム・セクションが総がかりで取り組みました。今までにない木村くんの新境地が引き出せたと思います」とコメント。山下×真島は今作に計2曲を提供している。

関連リンク

  • 10/4 4:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます