【仏・フォレ賞結果】坂井騎手騎乗エントシャイデン3着、優勝はスペースブルース

 現地時間3日、フランスのパリロンシャン競馬場で行われたフォレ賞(3歳上・GI・芝1400m)は、道中後方に位置したW.ビュイック騎手騎乗のスペースブルース(牡5、英・C.アップルビー厩舎)が、直線半ばで追い出されると前の各馬を一気に差し切り、2着のパールズガロアー(牝4、愛・P.トゥーミー厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分22秒97(重)。

 日本から参戦した坂井瑠星騎手騎乗のエントシャイデン(牡6、栗東・矢作芳人厩舎)は、大外枠から積極的に促して道中3番手の外を確保。直線では一旦先頭に立つシーンもあったが及ばず、パールズガロアーと3/4馬身差の3着だった。

 勝ったスペースブルースは、父Dubawi、母Miss Lucifer、その父Noverreという血統。これで前走のシティオブヨークS(英GII)に続く重賞連勝。GIは昨年のモーリスドゲスト賞に続く2勝目となった。

関連リンク

  • 10/4 1:22
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます