レアル、昇格組エスパニョールに不覚…リーグ初黒星で公式戦2連敗

拡大画像を見る

 ラ・リーガ第8節が3日に行われ、エスパニョールとレアル・マドリードが対戦した。

 28日に行われたチャンピオンズリーグでシェリフ(モルドバ)に敗れ、今季公式戦初黒星を喫したレアル・マドリード。同試合からはスタメンを3枚入れ替え、ルーカス・バスケスやルカ・モドリッチ、トニ・クロースらが先発に名を連ねた。

 レアル・マドリードは4分、敵陣深い位置でのプレスから相手のパスミスを誘って決定機。最後はヴィニシウス・ジュニオールの落としにカリム・ベンゼマが合わせたが、シュートは相手GKに防がれる。

 エスパニョールは9分に最初のチャンスを迎える。ドリブルで左サイドを駆け上がったアドリアン・エンバルバは、中央へと切り込んでシュートを選択。ゴール右を狙ったシュートは枠を捉えていたが、相手GKティボー・クルトワのセーブに遭う。

 試合の均衡が破れたのは17分、ホームのエスパニョールが先制する。セルジ・ダルデルが相手のプレスをうまく回避して右に展開し、受けたアレイクス・ビダルのスルーパスは右サイドの深い位置へとスルーパスを供給。反応したエンバルバが高速のグラウンダークロスを供給すると、ニアに飛び込んだラウール・デ・トマスが合わせてネットを揺らした。

 エスパニョールの守備を崩せずビハインドで折り返したレアル・マドリードは、50分に決定機。クロースの左コーナーキックにエデル・ミリトンが頭で合わせたが、わずかに枠の右へと外れた。

 60分、エスパニョールがリードを広げる。ピッチ中央で獲得したフリーキックの受け手となったA・ビダルは、ドリブルで前進。懐に飛び込んできた相手DFナチョ・フェルナンデスを股抜きでかわしてペナルティエリアに侵入すると、右足でゴール右下に流し込んで相手GKクルトワとの一対一を制した。

 エスパニョールは64分、CK守備のカウンターから絶好機を迎える。左サイドのエンバルバから前方にロングボールが送られると、ボールは残っていたL・バスケスの頭上を通過してダルデルに収まる。ダルデルはクルトワとの一対一を迎えると、ゴール左下へと流し込もうとしたが、わずかに枠を外れた。

 レアル・マドリードは71分、個の力でエスパニョールの守備をこじ開ける。ルカ・ヨヴィッチがポストプレーで左に流れたベンゼマへと展開。ベンゼマは単騎で突撃し、相手を次々とかわして中央に侵入すると、最後は右足を振り抜いてゴール右に突き刺した。ベンゼマは今季リーグ戦9点目となった。

 猛攻を仕掛けるレアル・マドリードは84分、ロドリゴの鋭いパスをベンゼマがワンタッチで落とし、後ろから飛び込んだエデン・アザールがダイレクトボレーで合わせる。鮮やかにゴール右上へと突き刺したが、ベンゼマのオフサイドで得点は認められない。

 レアル・マドリードの反撃は及ばず、試合はエスパニョールがリードを守り切ったまま終了した。レアル・マドリードはリーグ戦初黒星で公式戦2連敗となり、今節勝利したアトレティコ・マドリードと勝ち点「17」で並ばれた。エスパニョールはリーグ戦2試合ぶりの白星で今季2勝目を収めた。

 次節、エスパニョールは18日にホームでカディスと、レアル・マドリードは17日にホームでアスレティック・ビルバオと対戦する。

【スコア】
エスパニョール 2-1 レアル・マドリード

【得点者】
1-0 17分 ラウール・デ・トマス(エスパニョール)
2-0 60分 アレイクス・ビダル(エスパニョール)
2-1 71分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)

関連リンク

  • 10/4 1:07
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます