気づいて…!!女性の「なんでもないよ」に隠された本当の意味

女性の「なんでもない」という言葉には、意外とさまざまな意味が隠れているものです。
彼女や気になる女性が「なんでもないよ」と言っていたら、実際のところはどうなのかよくチェックしておきたいところ。

そこで今回は、女性の「なんでもないよ」に隠された本当の意味について解説していきたいと思います!

(1)心配させたくないから「なんでもない」


頑張り屋タイプの彼女は、心配させたくないからこそ辛さや苦しさを我慢しがち。
そのため心配させたくないという心理から、「なんでもないよ」とつい発言してしまうんです。

一人で抱え込むことが癖になっている人も多く、無意識のうちに我慢していることも多いもの。
そんなときは積極的に声をかけていきたいですね。

(2)そっとしておいてほしい


悩みはあるものの、正直そっとしておいてほしい……と感じている女性も多いでしょう。
悩みを感じているときは人によって心理状態はさまざまです。

とにかくモヤモヤしていて話せるような段階にない……ということもありますよね。
そんなときは放っておいてほしいからこそ、「なんでもない」と言うことがあります。

(3)話せば長くなるので面倒くさい


女性がなんでもないというときは、話すことを面倒に感じていることも意外と多いです。
とくに話せば長くなるような複雑なことは、つい面倒に感じて「なんでもない」とはぐらかしてしまうことも少なくありません。

そんなときは話を途中で打ち切るようなことなく、根気よく彼女の話に付き合う気持ちをもつことも大事ですね。

(4)悩みを察して聞いてきてほしい


「なんでもない」=察してほしいという心理の表れという場合も多いです。
悩んでいるものの、自分から話すのは少し気が引ける……ということもあるでしょう。

そんなときは彼の方から聞いてくれることに、女性ならなんだかんだ期待してしまうものです。


女性の「なんでもない」は意外とうのみにしないことが大事かもしれませんね。
さまざまな心理があることを知って、ぜひコミュニケーションに活かしていきましょう♪

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/3 23:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます