【凱旋門賞JRAオッズ】クロノジェネシスが1番人気 以下、スノーフォール、タルナワと牝馬が上位独占

拡大画像を見る

 現地時間10月3日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(3歳上・牡牝・G1・芝2400m・1着賞金285万7000ユーロ)は日本国内でも馬券を発売。日本時間同日21時40分時点でのオッズは以下の通り。

 日本馬として、悲願の凱旋門賞初制覇を狙うクロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)が1番人気に推されている。さらに、今年の英愛オークスを制したディープインパクト産駒スノーフォール(牝3、愛・A.オブライエン厩舎)が続き、昨年のBCターフの覇者タルナワ(牝5、愛・D.ウェルド厩舎)が3番人気と、牝馬勢が上位を独占している。前哨戦のフォワ賞を勝った日本馬ディープボンド(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)は6番人気。

※馬番、馬名、単勝オッズ
01 トルカータータッソ 94.5
02 ディープボンド 10.2
03 ブルーム 27.8
04 タルナワ 5.0
05 ラブ 取消
06 ラービアー 38.7
07 クロノジェネシス 3.9
08 モジョスター 80.2
09 ベイビーライダー 182.1
10 アダイヤー 5.9
11 ハリケーンレーン 5.4
12 シリウェイ 97.8
13 アレンカー 74.8
14 バブルギフト 116.3
15 スノーフォール 4.4

 発走は日本時間23時05分。なお、有力馬の一頭と目されていたラブ(牝4、愛・A.オブライエン厩舎)は熱発のため、出走取消となっている。

関連リンク

  • 10/3 22:07
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます