凱旋門賞当日のパリロンシャン競馬場 2歳G1の勝ち時計は芝1400mで1分24秒57、芝1600mで1分42秒67

 現地時間3日、凱旋門賞(3歳上牡牝・G1・芝2400m)が行われるフランスのパリロンシャン競馬場は、馬場状態が重で開催されている。

 1Rのマルセルブサック賞(2歳牝・G1・8頭立て)は、O.マーフィー騎手騎乗のゼリー(牝2、仏・A.ファーブル厩舎)が優勝。勝ちタイムは芝1600mで1分42秒67。不良馬場の昨年より0秒46速く、重馬場の一昨年より1秒41遅いタイム。

 2Rのジャンリュックラガルデール賞(2歳牡牝・G1・9頭立て)は、L.デットーリ騎手騎乗のエンジェルブルー(牡2、英・R.ベケット厩舎)が優勝。勝ちタイムは芝1400mで1分24秒57。昨年より1秒08遅いタイム(一昨年までは1600mで実施)。

 凱旋門賞は4Rで、発走予定時刻は日本時間23時05分。

関連リンク

  • 10/3 22:22
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます