ほのか 米原康正氏プロデュースのショートムービー作品公開、美マッチョ際立つ

拡大画像を見る

モデルのほのかが3日、自身のYoutubeチャンネル「晴れのちほのか」で動画をアップ。中国のSNS・微博でフォロワー280万人を誇るアーティスト・写真家の米原康正氏がプロデュースを手がけた、文字通り「カッコ良すぎる」ショートムービーを公開した。


ほのかは、CanCam(小学館)専属モデルを務める傍ら、「ベストボディ・ジャパン日本大会2020」(ミス・ベストボディ部門/ガールズクラス)で準グランプリを受賞するなど、トレーニーとしても知名度を上げている。


現在は更なる肉体改造にチャレンジ中のほのか、「APFモノキニクラス」での優勝を目標に、目下トレーニングに励んでいる。SNSでは「#100日後に美マッチョになるほのか」と題した企画を展開。毎日の体型の変化やトレーニング内容や食事内容を公開し、ストイックな一面を見せている。


今回作品のプロデュースを務めた米原氏は、メイン機材にチェキを用いる世界で唯一のアーティストとして活動するほか、編集者やクリエーティブディレクター、フォトグラファーとしても活躍している。動画の撮影・制作は現役慶應大学生の新進気鋭のデジタルクリエイター、加藤瑠伊が担当している。


「動画が仕上がった時に、純粋に『プロ、やばい。』と思ったのでその感情をタイトルにした」と綴ったほのか。今回の動画にファンは、「カッコ良すぎて感動」「体ができてるから凄くかっこ良く見えます」「何度も観てしまう」と賞賛のコメントが相次いだ。


<ほのかコメント>

普段のトレーニングの様子が劇的にカッコよくなりました。

今回、初めてYouTubeにプロのクリエイターに入ってもらったのですがお洒落な動画になりすぎていて驚いています!!!

とてもかっこいい動画を作ってもらえて嬉しいのでたくさんの方に観てもらいたいです。︎



関連リンク

  • 10/3 23:30
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます