“バーチャルジャニーズ”海堂飛鳥&苺谷星空(あすかな)、SHOWROOM配信終了を発表 なにわ男子・藤原丈一郎&大橋和也がCV担当

【モデルプレス=2021/10/03】ジャニーズ事務所とSHOWROOM株式会社によるプロジェクト、Johnny’s×SHOWROOM 「バーチャルジャニーズプロジェクト(VJP)」にて、ジャニーズ初のバーチャルキャラクターとして活動している海堂飛鳥と苺谷星空(あすかな/ASCANA)が3日、生配信を実施。今後のSHOWROOMでの配信を終了することを発表した。

◆海堂飛鳥&苺谷星空、SHOWROOM配信終了を発表

本プロジェクトは、国内エンターテインメント最高峰であるジャニーズ事務所が、SHOWROOMとタッグを組み、本格的にネット進出。オリジナルのバーチャルキャラクターによる動画生配信を行っていく事業で、バーチャルキャラクター配信により、新しい登竜門を創出し、最新技術でジャニーズの新時代を切り開いていくというもの。

第1弾として、ジャニーズ初のバーチャルアイドル、海堂飛鳥(かいどう・あすか)、苺谷星空(いちごや・かなた)が誕生し、2019年2月19日より、SHOWROOMにて初の動画生配信をスタート。関西ジャニーズJr.内グループ・なにわ男子の藤原丈一郎と大橋和也がCVを担当し、これまで4曲の楽曲を発表。「Lv.1」「プリンとクリームシチュー」は、昨年12月25日公開の映画「HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”」の劇中歌にも起用され、映画内のライブパートでは飛鳥と星空によるライブパフォーマンスも披露された。

SHOWROOMでの配信は、10月12日、17日、22日、31日、11月9日の残り5回をもって終了。なお、「Lv.1」「プリンとクリームシチュー」のMV公開と新曲制作も決定。今後はさらなる成長を目指し、レッスンなどに専念していくと伝えた。(modelpress編集部)

◆“バーチャルジャニーズ”海堂飛鳥&苺谷星空

海堂飛鳥(かいどうあすか)と苺谷星空(いちごやかなた)はアイドルになる夢を叶えるため、日々レッスンに励んでいる。そんな2人に与えられたミッションは、SHOWROOMでの配信を通し、新しい時代のアイドルとしてのスキルを学ぶこと。アイドルデビューとワンマンライブを目標に、強い絆で結ばれた2人が切磋琢磨し、視聴者に笑顔になってもらえるような配信をお届けする。

・海堂飛鳥(かいどうあすか)
CV:藤原丈一郎(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)
アイドルを目指す高校1年生。
配信ルーム「海堂飛鳥の飛鳥クルージングルーム」

・苺谷星空(いちごやかなた)
CV:大橋和也(なにわ男子/関西ジャニーズJr. )
アイドルを目指す高校2年生。
配信ルーム「苺谷星空のいちご果汁99%のお部屋」

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/3 22:48
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます