大腸がん手術の桑野信義 亡き母が「大病して意識がない時に出てきた。真っ白な道の向こうに」

拡大画像を見る

 今年2月に大腸がんの手術を受けたミュージシャンでタレントの桑野信義(64)が亡き母の命日である2日にブログを更新。感謝の思いをつづった。

 桑野は昨年秋、ステージ3~4の大腸がんと診断され、抗がん剤治療を8回繰り返し、がんが小さくなったことから、今年2月、14時間に及ぶ手術を受けた。がんは肛門近くにあり、転移していたリンパ節のがんも切除。術後は再び抗がん剤治療を再開したが、あまりのつらさで、4月に中止。7月7日、鈴木雅之のコンサートにサプライズ出演し、ステージ復帰を果たした。

 桑野は「10月2日は亡き母の命日なんだ 一人っ子の俺を可愛がってくれた 厳しくも優しい母親だった あれから21年経つんだなあ…」と21年前に亡くなった母の面影を偲んだ。

 「母親は天国から俺を見守ってくれてます」と桑野。「以前大病をして意識がない時に出てきたんだ」「真っ白な世界の長い道の向こうに立っていて 嬉しくて近づいていくと こっちにきちゃダメだと俺を追い返したんだ…その後助かったんだ」と自身の身に起きたという不思議な体験を明かし、「今回も母親と御先祖様が助けてくれたと思っている」とつづった。

 自身の体調については「お陰様で少しずつだけど確実に前進している」と説明している。

関連リンク

  • 10/3 22:43
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます