ボクシング銅メダリスト 敗戦後、選手村で「朝の4時まで」食堂のケーキ30個爆食い告白

拡大画像を見る

 東京五輪・ボクシング男子フライ級で銅メダルを獲得した田中亮明選手が3日、フジテレビ系で放送された「ジャンクSPORTS 3時間SP」に出演。準決勝でパーラム(フィリピン)に判定で敗れた後、選手村でケーキを爆食いしたことを明かした。

 東京五輪会場の控え室が食べ物や飲み物などがふんだんに用意され、豪華だったという話題から、田中が「僕もケーキ30個ぐらい食べましたね」と告白。MCのダウンタウン・浜田雅功が「えっ?!」「減量とか終わってから?」と驚くと、「負けてからですね。(試合後)朝の4時まで食堂でずっと食べてましたね」と笑顔で明かした。

 浜田は「別に(食べるの)やめたらええやん、そんな長い時間かけんと」と笑い、スタジオも爆笑となっていた。

 田中は中京高校教師で、ボクシングとの二足のわらじでも注目を集めた。

関連リンク

  • 10/3 22:08
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます