ケガから復帰の古橋亨梧が今季8点目! セルティックの3戦ぶり勝利に貢献

拡大画像を見る

 スコティッシュ・プレミアシップ第8節が3日に行われ、FW古橋亨梧が所属するセルティックはアバディーンと対戦した。

 9月30日のヨーロッパリーグ(EL)・グループG第2節レヴァークーゼン戦で、ひざの負傷から約1カ月ぶりに復帰した古橋。アバディーン戦ではリーグ戦4試合ぶりの先発出場となり、センターフォワードや左ウイングでプレーしてフル出場を果たした。

 11分、セルティックが先制する。右サイドでのスローインの流れからデイヴィッド・ターンブルが鋭いピンポイントのクロスを送ると、中央で相手DFの背後をとった古橋が胸で合わせて押し込んだ。古橋は8月26日のEL予選プレーオフ・セカンドレグのAZ戦以来となる得点となり、今季8点目を記録した。

 ホームのアバディーンは56分に追いつく。右コーナーキックからカルバン・ラムゼイがアウトスイングのボールを供給し、飛び込んだルイス・ファーガソンは肩で合わせると、シュートはゴール右上へと吸い込まれた。

 終盤になって攻勢を強めるセルティックは、84分に待望の勝ち越し点を獲得する。スルーパスに抜け出したアダム・モンゴメリーがペナルティエリア左からグラウンダーで折り返し、ジョアン・フィリペが体制を崩しながら合わせて押し込んだ。

 試合はこのまま終了し、セルティックはリーグ戦3試合ぶりの白星で今季4勝目となった。次節、セルティックは16日にアウェイでマザーウェルと対戦する。

【スコア】
アバディーン 1-2 セルティック

【得点者】
0-1 11分 古橋亨梧(セルティック)
1-1 56分 ルイス・ファーガソン(アバディーン)
1-2 84分 ジョアン・フィリペ(セルティック)


【動画】古橋亨梧、胸で押し込む先制点

関連リンク

  • 10/3 21:49
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます