アニメ『ちびまる子ちゃん』がおとぎ話や落語をアレンジ! 5週連続で特別放送されるよ

拡大画像を見る

この秋、フジテレビ系で放送中の人気アニメ『ちびまる子ちゃん』が一風変わった企画をスタート。

その名も「10月のお楽しみ劇場」と題して、おなじみの「おとぎ話」や「落語」をちびまる子ちゃん風にアレンジするそうなんです。

まるちゃんらしい、クスッと笑える展開も含まれているらしく、どんなお話となるのか気になりすぎる~っ!

【どんなお話がラインナップされてるの?】

2021年10月3日から10月31日まで、5週に渡って放送される「10月のお楽しみ劇場」。

前半パートはいつものちびまる子ちゃん、後半パートは「おとぎ話」や「落語」を取り入れたお話に。

後半パートに選ばれたのは、

10月3日:『北風と太陽』
10月10日:『一寸法師』
10月17日:『大きなかぶ』
10月24日:『まんじゅうこわい』(落語)
10月31日:『金のオノ銀のオノ』

の5作品で、おなじみの仲間たちが各ストーリーの登場人物になりきります♪

【配役と役名にジワジワきます】

配役も絶妙で、『北風と太陽』では、旅人をはまじ、まるちゃんが太陽、永沢くんが北風を熱演。

はたして、はまじのマントを脱がせることができるのは、どちらなのでしょうか……!!

いっぽう『一寸法師』では、まるちゃんではなく野口さんが一寸法師を「一寸野口」として演じます。この人物のチョイスにグッとくる人も多いのではないでしょうか。

また役名もいちいち面白く、『大きなかぶ』のあらすじには、

「サークラ(まるちゃん)とホナミータ(たまちゃん)はコスギー(小杉)の畑の大きな大きなカブを一緒に抜くことになった」

という1節があり、敢えて名前ではなく苗字をアレンジしてるところにもジワる……!

そして、『まんじゅうこわい』と『金のオノ銀のオノ』には、永沢くん&藤木コンビがフィーチャーされますよ。

2人の活躍ぶりにも期待したいところですね♪

参照元:フジテレビ、ちびまる子ちゃん オフィシャルサイト、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 10/3 17:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます