「断られたら脈ナシ?」彼がデートを断るメジャーな理由を解説

拡大画像を見る


思いきってデートに誘ったはいいけれど、「この日は予定がある」「最近ちょっと忙しくて」と、もっともらしい理由で断れてしまったという経験はありませんか。断る背景には、一体どういうものが隠れているのでしょうか。一度断られると心が折れてしまい、諦めてしまう人も多いことと思います。しかし、焦らずに絶好のタイミングを待っていれば、二回目のチャンスが巡ってくるかもしれません。


二人きりだと抵抗がある

友人未満である場合、二人きりでデートということに抵抗を感じる人も少なくありません。普段のやりとりから嫌がられている可能性がないのなら、足りないのは信頼です。焦らずに、距離をじっくりと縮めていくのが大切でしょう。仲を深めれば、チャンスは沢山巡ってくるはずです。


好きな人がいる

彼女はいなくても、好きな人という特別な女性はいるかもしれません。彼女がいないことは確認済みなのに、デートの誘いを断られるという場面に遭遇したら、一旦誘うのはお休みするといいでしょう。相手に好きな人がいる場合、何度誘ったとしても断られる可能性があります。しばらくは友達として関わり、信頼関係を築いていくのがおすすめです。仲が深まれば、自然と好きな人がいるかどうかを聞けるはず。


忙しくて予定を空けられない

社会人であれば仕事の繁忙期、学生であればバイトやテストなど、忙しく心に余裕のない時期って誰にでもありますよね。どうしてもプライベートを優先できない場合、たとえ気になっている人からのお誘いであっても、泣く泣く断ることになるでしょう。忙しい時期に、しつこく何度も誘うのは逆効果といえます。落ち着いた時に、もう一度誘ってみるのがおすすめです。


金銭的に余裕がない

たとえ社会人であっても、金銭的に余裕のある人はそういません。人それぞれお金の使い道は異なるものの、貯金や学費の返済、家賃や車の維持費などで給料の大半が消えていくという人も少なくないでしょう。デートに誘うのはタイミングが命。もし断られたとしても、理由がお金であればまだまだチャンスはあるはず。タイミングを見計らってもう一度誘うのがおすすめです。


まとめ

デートを断られたからといって、「脈がないんだ」と落ち込む必要はありません。全てタイミングが命といえます。たとえ脈がなかったとしても、慎重に行動すれば挽回のチャンスが巡ってくるでしょう。断るに至った背景をじっくりと考えて、絶好のタイミングを待つのが大切です。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/3 20:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます