どうして、そうなった!? 上司が書く『願』の文字のクセが強い、強すぎる

拡大画像を見る

筆跡鑑定が存在するほど、筆跡には、その人の個性やクセが現れます。

@parimurayakubaさんが働く会社にも、独特の文字を書く他部署の上司がいるのだそう。

Twitterで実際に上司が書いた文字を投稿したところ、あまりにも強すぎるクセは多くの人を驚かせました。

上司が書く文字のクセが強い…!

クセが強いといっても、読みにくいというわけではありません。どちらかというと、整っていて、読みやすい字といえるでしょう。

しかし、問題は『願』という漢字の書き方…。

仕事でメモを残す際に「お願いします」といったひと言は、よく書き添えられます。

上司が書く「お願いします」は、読むと不安な気持ちにさせられるものでした。

NGって書いてませんか、コレ…。

前後の文字から「お願いします」と書かれていることが分かるものの、『願』の文字単体では読み取れません!

クセが強すぎる文字に、ネット上ではさまざまな解釈が寄せられています。

・おNeGaいしますということかな?

・却下されているようにしか思えないんですけど…。

・これでも読めちゃうんだから、すごい。

どうしてこのような書き方になったのか、気になるところ。

投稿者さんも、上司に聞いてみたいとは思っているようです。

しかし、かなりぼかした聞き方をしないと、上司からカミナリが落とされてしまいかねないようで、真相が明らかになるのは、だいぶ先になるかもしれません…。

[文・構成/grape編集部]

出典 @parimurayakuba

関連リンク

  • 10/3 18:43
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • いち(

    10/4 12:51

    どう考えても『お願いします』とは読めないので、これ何ですか?と聞きますね。

記事の無断転載を禁じます