悪気はないのに!元カノにストーカー認定される行動9パターン

元カノとの復縁を目指すなら、どんな形であれ接点を持ちたいと願うのは当然かもしれません。とはいえ、アプローチの仕方に注意しないと、ストーカーだと見なされて必要以上の警戒を招いてしまうおそれがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性118名に聞いたアンケートを参考に「悪気はないのに!元カノにストーカー認定される行動」をご紹介します。

【1】相手の返信を待たず、延々とLINEを送る
「こっちのリアクションを無視されると怖くなります」(20代女性)というように、一方的に連絡を取り続けると、恐怖心を与えてしまう可能性があるようです。押しすぎてもいいことはないので、反応がないのなら、しばらく待つ余裕を持ちましょう。

【2】教えてもらっていないSNSアカウントを見つけ出す
「新しいアカウントにいきなり友達申請されてビックリしました」(20代女性)というように、元カノのSNSのIDを見つける行為も尋常ではない執着心を思わせるようです。向こうから開示されない限り、「教えられない理由があるだろうな…」と察して、諦めたほうがいいかもしれません。

【3】SNSに一日何度も訪問した痕跡を残す
「足跡とかたくさんついているとコワイです」(20代女性)というように、元カノのSNSに頻繁に訪問するのも「監視している」と誤解を招くようです。元カノの様子が気になってもグッと我慢して、本当に用事があるときのみ訪問しましょう。

【4】SNS投稿に即座に「いいね!」やコメントを残す
「ずっと見られているみたいで嫌です」(20代女性)というように、元カノの投稿へのリアクションが良すぎるのも考えものかもしれません。特に「ごくありふれた近況報告」にまでコメントすると悪目立ちするので、書き込むときは内容を吟味したほうがいいでしょう。

【5】「今日、○○にいたでしょ」目撃したことをアピールする
「物陰で隠れて見張っていたところを想像してしまいます」(10代女性)というように、偶然同じ場所に居合わせたのだとしても、含みのある伝え方をすると、真意を疑われてしまいそうです。あとから「見たよ」と言うくらいなら、姿を見かけたら普通に「久しぶり!」とあいさつしたほうがマシかもしれません。

【6】気持ちを取り戻すために熱すぎるポエムを送りつける
「気持ちの温度差がありすぎますし、何よりキモいです」(10代女性)というように、熱い情熱をぶつけたくて詩を送りつけても、ドン引きされるのがオチのようです。元カノが並はずれてロマンティックなタイプならともかく、そうでないなら控えたほうがいいでしょう。

【7】家の方向が違うのに偶然を装って再会を試みる
「待ち伏せ以外に考えられないんですけど…」(20代女性)というように、バッタリ再会した風を装っても、仕込みだと見抜かれてしまうと逆効果かもしれません。とはいえ、元カノに自然な形で見つけてもらうことができれば、違う展開も期待できるでしょう。

【8】共通の友人を使って身辺を探る
「私の友達に話を聞きまくっていると思うとちょっと…」(20代女性)というように、いくら近況を知りたいのだとしても、共通の知人に尋ねまくるのは薄気味悪い印象を与えてしまうようです。何かのついでに聞くならともかく、しつこく食い下がるのはやめましょう。

【9】家のポストに直接「切手のないハガキ」を入れる
「すぐそばまでアポなしで来ていた証拠ですよね」(20代女性)というように、元カノへの思いを綴った手紙も、渡し方によってはホラー扱いされてしまうようです。ただし、旅先からポストカードで送るなど、一工夫あれば抵抗なく読んでもらえるかもしれません。

本人は良かれと思ってしたことでも、受け取る側からすると「怖い」「重い」と感じることが多いようです。その心理的なギャップを踏まえて行動しましょう。(外山武史) 【調査概要】 期間:2015年5月7日から14日まで 対象:合計118名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/3 18:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます