【中山5R新馬戦結果】ダノンティアラが押し切ってデビュー勝ち

拡大画像を見る

 3日、中山競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・14頭)は、2番手でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の3番人気ダノンティアラ(牝2、美浦・大竹正博厩舎)が、直線入り口で先頭に立ってゴールまで押し切り、内から迫った2番人気ウインバグース(牡2、栗東・西園正都厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分52秒6(稍重)。

 さらに2.1/2馬身差の3着に4番人気ロムレーン(牡2、美浦・堀宣行厩舎)が入った。なお、1番人気ウィズグレイス(牝2、美浦・国枝栄厩舎)は5着に終わった。

 勝ったダノンティアラは、父ドゥラメンテ、母ザキア、その父New Approachで、08年の凱旋門賞を勝ったZarkava(ザルカヴァ)の姪にあたる血統。セレクトセールにて6696万円で取引された。

関連リンク

  • 10/3 12:38
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます