【凱旋門賞注目馬】1勝馬が4か月で世界ランキングトップへ… 英ダービー馬が魅せるシンデレラストーリー

拡大画像を見る

 10月3日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(3歳牡牝・G1・芝2400m)。日本馬が2頭出走することや、記念すべき第100回ということもあって例年以上の盛り上がりを見せている。

 アダイヤーは父Frankel、母Anna Salai、母の父Dubawiという血統の愛国産馬。イギリスのC.アップルビー厩舎の管理馬。

 同馬は昨年10月にデビュー。初戦は4着に敗れたが、2戦目でしっかりと勝ち上がりを果たす。その後は、重賞とリステッド競走に出走したが2戦ともに2着。大一番となる英ダービーに駒を進めるが、当時は1勝馬ということもあって評価は7番人気と高くなかった。

 しかし、アダイヤーはこのレースで覚醒。同じく凱旋門賞に出走予定のモジョスターに4.1/2馬身差をつけて優勝。続くキングジョージVI世&クイーンエリザベスSでもG1・5勝のラブ、ドバイシーマクラシック優勝馬のミシュリフなど強力古馬勢を破り、G1連勝を果たした。

 キングジョージでアダイヤーが獲得したレーティングは127。2021年のロンジンワールドベストレースホースランキングにて現時点で世界ランキング1位タイにつけている。1勝馬だった馬が、わずか4か月で成し遂げた驚異的なシンデレラストーリーと言えるだろう。

 これまでに英ダービー、キングジョージ、凱旋門賞の3レースを全て制覇した馬はミルリーフ、ラムタラの2頭のみ。史上3頭目の偉業達成なるか、大いに注目したい。

関連リンク

  • 10/3 8:33
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます