『青天を衝け』では描かれなかった伊藤博文の「攘夷派」から「異国びいき」への転向と英国留学の苦労エピソード

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

 『青天を衝け』の静岡編、あっという間に終了しましたね。次回の第29回からは明治政府編となるようですが、予告しておくと、これもあっという間に終わると思います(笑)。明治6年(1873年)、渋沢は大隈重信(大倉孝二さん)と決裂し、早くも大蔵省を辞職してしまいますから。

 その後の渋沢はよく知られているように、民間の経済人・実業家として活動を開始し、70歳を迎えた明治43年(1910年)ごろまでに500以上もの起業に携わりました。実業界を引退した後は、昭和6年(1931年)に91歳で亡くなるまで、600以上の福祉・教育事業に全力投球という凄まじいバイタリティを発揮しています。ドラマでもいよいよ渋沢栄一が偉人への道を歩みだしていきそうですね。

 先週の放送では、渋沢が(久しぶりに?)主人公として大きな存在感を見せました。当初は「新政府なんかに出仕しないぞ」「旧幕臣の意地を見せてやる」と息巻いていた渋沢も、足りないところだらけですが活気あふれる新政府を見学し、現在の財務省(2001年1月まで大蔵省)の次官職にあたる「大蔵大輔」の大隈重信から「君は、新しか世ば作りたいと思うたことはなかか?」と真正面から問われると、否定はできませんでした。

 身体はいったん静岡に戻ったものの、気持ちは東京に残ってしまっている渋沢の本心を見抜いた徳川慶喜は「行きたいと思っておるのであろう。日本のためその腕を振るいたいと」と諭し、「ならば私のことは忘れよ」と渋沢を自由の身にしてやるのでした。草彅剛さん、吉沢亮さんの二人がいい演技を見せてくれましたよね。

 さて、今回は「であ~る」が口癖の大隈重信と並んで、飄々とした立ち居振る舞いがやけにキャラ立ちしていた伊藤博文(山崎育三郎さん)の若き日についてお話したいと思います。「若き日」といっても、新政府に仕官したときの大隈の年齢は32歳、伊藤は29歳でしたが。

 ドラマの中で伊藤は、渋沢から「横浜の異人商館の焼き討ちを企てた身なので、新政府にはお仕えできない」と言われ、すかさず「君もやったんか! そりゃあスッとしたじゃろう」「ワシもイギリス公使館を焼き討ちしたんじゃ」などと発言して渋沢に驚かれていました。

 史実でも伊藤が仲間たちと実際にやらかした事件ですが、その後は長州藩出身の4名の“志士”たちとイギリスに留学、当地でキッパリと攘夷(=外国人排斥主義)の考えを捨て去りました。ドラマでも「留学後は異国贔屓じゃ!」などと言っていましたが、実に極端な思想の転換を経験したように思われます。

 明治の世ではいかにも「変節漢め!」など陰で罵られていそうですが、伊藤のこうした変節は当時どのように受け止められていたのでしょうか。伊藤がイギリス人から「イギリス公使館を焼いたのに留学してきたの?」と皮肉を言われ、笑ってごまかした、または「覚えていません」と言った、などの“噂”はあるようですが、実際のところ、信頼できる史料にはそうした話は見つかりませんでした。

 伊藤とともにイギリスへの密航留学を決行した仲間に、井上馨(いのうえ・かおる)という人物がいます(ドラマでは福士誠治さん)。この人も伊藤と同じように明治新政府の高官に上り詰めているのですが、彼はイギリスへの船の乗り継ぎのために訪れた上海に着いた瞬間、攘夷の思想を捨てたという“最速記録”の持ち主です。

 小説家の司馬遼太郎は、紀行文集『街道をゆく21 神戸・横浜散歩、芸備の道』(朝日新聞出版)の中で井上のこんなエピソードを書いています。井上が「ある人」から「あなたのように積極的な開明家がなぜ旧幕時代には攘夷家だったのか」と尋ねられると、井上は苛立ちをあらわにして「その話題を遮るような勢いで『あの時は、ああでなきゃならなかったんだ』」と言ったというのですが、この情報の出典はハッキリしない“噂”のようですね(もしくは司馬の創作)。

 伊藤についても、自身の「攘夷家」の時代についてどう思っているかを語った史料は見つかりませんでした。新政府内の出世株だった伊藤に、面と向かって“黒歴史”について問うことのできるジャーナリストなど明治にはいなかったのかもしれませんが、伊藤はたとえ聞かれたとしても、井上の逸話と同じような対応をするか、あるいは本当に笑ってごまかそうとしたかもしれません。

 ではイギリス人が伊藤に皮肉を言うようなことはあったのでしょうか。これも特に記録はないようです。伊藤も焼き討ちに参加した品川・御殿山の英国公使館は、イギリス出資では造られておらず、幕府が資金も労働力も負担して建設させたものでした。イギリスはかかった費用を10年分割で支払う契約をしていただけで、伊藤らが放火したのが無人の建物だったこともあり、イギリスでも特に問題とされなかったのかもしれません。

 伊藤のイギリス留学は、留学予定者の中に強引に割り込む形で実現しました。もともと長州藩が密留学させようとしていたのは、井上馨、野村弥吉(=後の井上勝、ニックネームは“井上おさる”もしくは“鉄道の井上”)、山尾庸三の3人だけで、富裕というわけではない藩主・毛利敬親の御手元金(ポケットマネー)から1人200両(現在の貨幣価値で200万円程度)ずつ援助してもらってのことでした。そこに伊藤と、江戸で航海術を学んでいた遠藤謹助が無理やり加わったので、このふたりには藩主からの援助はありません。

 当初、留学計画は5年でした。しかし、伊藤らが駐日イギリス領事のエイベル・ガウワーに話を聞いてみたところ、留学費用は一人あたり200両ではとても足りず、1000両(現在の貨幣価値で1000万円程度)も必要といわれたので、金策には苦労します。最終的に、江戸の毛利藩邸で鉄砲を買うために保管されていた1万両のうち5000両をなんとか借用させてもらいました。

 これでなんとか金は工面できたと思った矢先、さらなる大トラブルが発生しました。伊藤らが外国人風に髪を整え、ブカブカの洋服を身にまとい、変装して船に乗り込もうとしたまさにその時、ガウワー領事がやってきて「船長が密航に難色を示している」と告げたのです。

 当時の彼らの英語力は、野村弥吉が多少喋れるという程度で、伊藤を含む他の4人は単語レベルでの意思疎通も怪しい状態でした。後に伊藤は「我々一行の中に多少英語が分かるのは鉄道の井上(=野村弥吉)で、外は皆分からぬ」と証言しています。それでも渡航を拒否されて怒る5人の気迫はすさまじく、「切腹したほうがマシだ!」などと言われたガウワー領事は(多少日本語がわかるだけだったようですが、それでも)顔面蒼白となり、彼が船長と再交渉してくれた結果、一行は船に乗り込むことができたそうです。

 先述の通り、井上馨は最初の寄港地・上海の活況を見たとたん、数日前まで攘夷、攘夷とまくし立てていたのに「攘夷など捨てるべき」と言い出しました。伊藤含む他の4人も華麗なるロンドンの町並みを見た時には「攘夷は馬鹿げている」と考えを改めたのだそうです。『青天~』の台詞にあった、実にあっさりとした伊藤の思想の転換は史実どおりでした。

 一方、その英語力の乏しさが原因で、井上馨と伊藤博文はイギリスに向かう船の中で別の苦労をすることになりました。上海からイギリスまでの船を手配してくれたジャーディン・マセソン商会の上海支配人から「何の勉強をする予定ですか?」と聞かれ、本来なら「ネイビー(海軍技術)」と答えるべきところを「ナビゲーション(航海術)」と誤答してしまったために、井上と伊藤は変な“計らい”を受けてしまい、正規料金を支払って乗客として船に乗ったはずが、「早く実地体験をしたほうがいい」とイギリス行きの船で見習い水夫の一員として肉体労働をさせられることになりました。食事は毎食ビスケットと塩漬けの牛肉、薄い紅茶に砂糖を入れたものだけで、過酷な労働に明け暮れることになったそうです。

 しかし、ここまで苦労し、大金を費やしてイギリスに行った彼らの留学期間はわずか半年ほどでした。民部公子こと徳川昭武がパリに腰を据え、しっかり勉学ができた期間と同じくらいですね。伊藤らは当初、ロンドンの下宿で英語を学んだそうです。そして留学先のロンドン大学に出入りしはじめたころ、英米仏蘭の四カ国艦隊が長州・下関を攻撃しようとしているという計画を知り、急いで日本に帰国したのでした。それゆえ、彼らの留学の成果は実際のところイギリスの雰囲気をつかんだくらいだったといえるかもしれません。

 史実の伊藤は渋沢にとっては、“夜の遊び”を教えた師匠ともいわれる存在なので、両者の交流に期待したいところです。しかし渋沢の描かれ方からすると、『青天~』の世界では、あの伊藤ですら性に対して潔癖かもしれませんね(笑)。

<過去記事はコチラ>

  • 10/3 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます