全国の激辛ラーメン・つけ麺が自宅で! 「激辛大作戦」10月開催

拡大画像を見る

 クールランドは10月1日~11月9日の期間、同社が運営する冷凍ラーメンを販売するECサイト「menjoy」において、全国の激辛ラーメン・つけ麺を自宅で本格的に楽しんでもらうプロジェクト「激辛大作戦」を開催する。

 激辛大作戦では、“ラーメン女子インフルエンサー”であり、Ramen Switchの代表取締役でもある、森本聡子さんとの共同オンラインイベントとして、森本さんが注目するラーメン店5店舗の激辛ラーメン・つけ麺の、menjoyでの期間限定販売を行う。
 参加店舗は、「チリトマラーメンTHANK」「僕家のらーめん おえかき」「いかれたNOODLE Fishtons」「博多新風」「Noodle Stand Tokyo」で、普段は激辛商品を取り扱っていない店舗もイベントオリジナルメニューを開発しており、ここでしか味わえないラインアップとなっている。
 辛さレベルは5段階に分かれているので、辛さが苦手な人でも無理なく楽しめる。
 チリトマラーメンTHANK(東京都)からは、10種類のスパイスに鶏ガラスープと6種類の野菜のポタージュを合わせた「日本一辛旨いチリトマラーメン」(1080円)が登場する。
 僕家のらーめん おえかき(静岡県)から登場するのは、Hotpub Our Days(静岡県)監修による「悪魔のハイパーつけ麺」(1200円)で、麺には最強の唐辛子キャロライナリーパーを練り込み、スープは超濃厚豚骨にスコーピオンを配合し、別添えで激辛魚粉をかけることで未知の辛味を体感できる。
 いかれたNOODLE Fishtons(大阪府)からは、濃厚魚介スープにスパイスを混ぜて、自家製ラー油を配合する。麺は歯ごたえある太麺で、スパイスを練り込むことで茹でている最中から香りが広がり、後入れのチリパウダーで辛さの調整も可能な「スパイスつけ麺」(1200円)が登場する。
 博多新風(福岡県)から登場する「激辛韓流つけ麺」(1000円)は、豚骨スープにホールスパイス、パウダースパイスをふんだんに使用し、スパイシーな辛さの中に爽やかさも感じられるつけダレと、国産小麦が香るモチモチ麺を組み合わせている。
 Noodle Stand Tokyo(東京都)からは、ハバネロ使用の自家製激辛オイルとガーリックの風味が食欲をそそり、辛さの中に旨味、甘味を感じられるスープに、浅草開化桜製の特製麺をあわせた「激辛韓流つけ麺」(1100円)が登場する。
 ほかにも、「激辛大作戦」に登場する全5種類のラーメン・つけ麺をセットにした「激辛大作戦5食コンプリートセット」(4980円)も用意しており、同セットを購入すると、数量限定でオリジナル汗拭きハンカチがもらえる。
 なお、3個購入すると100円引き、4個購入すると200円引き、5個購入すると500円引き+送料半額となる。また、税込7560円以上の購入で通常送料(990円)を無料にするほか、税込4320円以上の購入なら半額にする。
 10月1日~9日の期間には、公式Twitterアカウント(@menjoy8)をフォローして、キャンペーン投稿をリツイートした人の中から抽選で3名に、「激辛大作戦5食コンプリートセット」をプレゼントするTwitterフォロー&RTキャンペーンが行われる。
 さらに、11月9日までの期間に、「激辛大作戦」対象商品を購入して、盛り付けた様子をTwitterに投稿した人の中から抽選で5名に、1000円分のAmazonギフト券が当たるTwitter投稿キャンペーンも実施する。

関連リンク

  • 10/3 17:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます