徳江かな、ビキニ姿で美ボディ披露 パンスト使用シーンは「自分で破きました」

【モデルプレス=2021/10/03】グラビアアイドルで女優の徳江かなが3日、都内で『セクシャルな関係』DVD/BD発売記念イベントを開催するにあたり、囲み取材を実施。同作の見どころを語った。

◆徳江かな、“アイス舐め”シーンに自信

通算11枚目のイメージDVDを1年ぶりにリリースした徳江は、「今年の夏に海に行ったときに買った水着です。夏の思い出みたいな感じです」と話す三角ビキニ姿で登場すると、「DVDは6月頃に都内で撮影しました。イメージ中心という感じです。セクシーな動きが見られると思います」とアピール。

また「服を着たままお風呂に入っているので(肌が)透けていたりとか、白のコルセットを身に着けたときはバニラの棒アイスを食べたりしているので、いい感じになっていると思います。DVDには大体アイスを舐めるシーンありますが、これまでの10枚の中で磨かれてきたアイス舐めが見られると思います」と自信を覗かせた。

◆徳江かな、パンストを自ら破く

さらに、「競泳水着を着ているシーンで、ローションを初めて使いました」と告白すると、「温かかったです。それに結構滑りますね。何回かこけそうになって危ないと思いました」と感想を吐露。「スタッフさんが職人かのようにかき混ぜていたので、ローションのプロなのかな?と思いました」とも語って、報道陣の笑いを誘った。

「フェチものの作品になっているので、いろんなフェチが見られる」とも明かすが、未鑑賞の徳江は「1番セクシーなのはどれだろう」と考えつつ、「パンストフェチみたいなシーンもあって、それは頑張って自分で破きました。大変でしたけど、結構いいんじゃないかな」と期待を寄せた。

◆徳江かな、アイドル活動にも意欲

「グラビアアイドルは続けていきますが、ほかのお仕事を頑張ろうということで、DVDは久しぶりになりました」と打ち明ける徳江。

「舞台もやっていたんですけど、最近は『カメレオンリパブリック(徳江、桜りん、宮永薫、桜田愛音)』というユニットでアイドル活動を始めて、レッスンとかもやっていました」と近況を伝えると、「8月にデビューしたばかりですけど、今月から対バンとか、お客さんがいる中でのライブをやっていきます」と新しいチャレンジに目を輝かせていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/3 15:53
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます