涙の脱落発表を経て、“激恋”最終章が幕を開ける「虹とオオカミ」

拡大画像を見る

ABEMAオリジナル恋愛番組「虹とオオカミには騙されない」9月26日配信の第9話では、ついに脱落メンバーが発表。メンバーも視聴者も涙した今回、「11人で過ごす姿をもっと見たかった」といった声が寄せられ、配信日の視聴者数は今シーズン最高数を突破する盛り上がりをみせた。

最高の恋を手にするために集まった男女が、デートや共同作業を通して、真実の恋を叶えようと奮闘する様子を映し出す同番組。しかしメンバーの中には、恋をしない“嘘つきオオカミ”が潜んでおり、男女のどちらか一方に1人以上いるという。第9話では、視聴者投票によりそんな“嘘つきオオカミ”だと最も疑われたメンバーが発表、脱落を迎えた。

発表前には、束の間の楽しい時間を過ごしたメンバーたち11人。浜辺で2ショットになったりのとこうへいは、りのが砂浜に「好き」と書きアピールすると、こうへいの目には涙が。一方、中間告白では想いを伝え合ったものの、自分の気持ちに向き合い悩むしゅうぞうと一途に想い続けるさくらは、「もしかしたら脱落するかもしれない」と積極的に気持ちを伝え、ハグをおねだり。2人の抱き合う場面に、スタジオからも「可愛い!幸せそう」と黄色い歓声が上がった。

前回、Takiに「もう気持ちはない」と告げられたしょうたは、再びTakiと2ショットになると、「Takiちゃんが脱落しても気持ちは変わらない」と想いを明かし、スタジオメンバーも「あんなこと言える?」(横澤夏子)、「本当に17歳?」(西野七瀬)と真摯な言動に感心しきりの様子。

脱落直前まで、それぞれに想いを伝えあったメンバーたち。そして日没後、ついに脱落発表のときが。りの、のあ、Taki、エザキが脱落発表の該当メンバーとなり、頭上に赤い花火が打ちあげられる形で脱落者が発表された。

そして今夜、いよいよ最終章がスタート。りのが「ありえないんだけど」と、こうへいに言い放った真意とは? 「いまの自分の気持ち、どうなの?」とTakiの問いかけにしゅうぞうは…? 最後まで動く恋模様に、さらに、オオカミは“まだいる”…(?)と、気になる文言も予告編では登場している。

「虹とオオカミには騙されない」第10話先行

「虹とオオカミには騙されない」第10話は10月3日(日)22時~ABEMAにて配信。



(cinemacafe.net)

関連リンク

  • 10/3 14:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます