“顔面国宝”ASTRO・チャウヌのツンデレ「脳セク」魅力炸裂!「恋の三角関係」韓国ドラマ『女神降臨』イケメン対決から目が離せない!

拡大画像を見る

“顔面国宝”と評されるほど眉目秀麗なルックスを誇る、K-POPグループASTROのチャウヌ(23)。その顔面偏差値の高さから、韓国では広告やファッションブランドのモデルとしても引っ張りだこ。しかも、ただイケメンというだけでなく、頭脳の偏差値が高い“脳セク(脳がセクシー)”スターで、韓国の超難関校である成均館大学の演技芸術科に在学中だ。

 チャウヌは若手俳優としての評価も高く、今や“演技ドル”新四天王”の呼び声も高い。そんな二刀流、いや三刀流のチャウヌの魅力が詰まっているのが、韓国ドラマ『女神降臨』だ。DVDや配信が待ちきれないという人のために、韓流エンタメ情報誌『韓国TVドラマガイド』編集部が、同作のチャウヌの魅力と見どころを紹介する。

■チャウヌのツンデレ恋模様が楽しめるラブコメ『女神降臨』

『女神降臨』は大人気Web漫画が原作のラブコメディで、物語は主人公たちの高校生活から始まる。チャウヌが演じる高校生男子スホは、成績優秀でスポーツ万能、容姿端麗でお金持ちという完璧なキャラクターだ。

「このハードルが高い設定が違和感なくハマるのは、さすが国宝級イケメンのチャウヌです。他人に無関心で、校内で色めく女子たちを完全スルーするクールな役どころがハマっています。

 ところがそんなスホが実はホラー漫画オタクで、ヒロインとのホラー談義には饒舌になります。表情ひとつ変えずホラー愛を熱く語る様子は、その完璧なビジュアルと話している内容のギャップが面白くて、ほっこりと親しみを感じさせます」(『韓国TVドラマガイド』編集部)

 いっぽう、スホと同じ高校に転校してくるヒロインのジェギョンは、“すっぴん残念女子”。外見を理由にいじめられたことをバネに、奇跡のメイク術で美しく変貌するという設定だ。

「チャウヌ演じるスホは外見より中身重視の人物。ヒロインのジェギョンの心優しく健気な性格に触れて恋に落ちていく様は、前半の見どころです。

 ほとんど笑うことがなかったスホが彼女とのやりとりを思い出し笑いしたり、恋のライバルに嫉妬心を燃やして彼女を強引に自分の隣に座らせようとしたり、まさに典型的なツンデレ行動が炸裂。ジェギョンがみんなの前ですっっぴんを見られそうになると、スホがさっそうと現れて着ていた上着を脱いで顔を隠すように覆ってやったり、“すっぴんのほうがかわいい”なんてセリフも飛び出したりして、ときめかせてくれます」

 スホが他人に心を開かない理由は、過去のある悲しい出来事により深い心の傷をもっているから。物語ではその秘密が徐々に明らかになっていく。
「ジェギョンの前で泣きじゃくるスホの姿は、いたいけな子供のようで母性本能をくすぐられます。チャウヌは泣いた顔も美しいんですよね」(同編集部)

■クールなチャウヌvsワイルドなファン・イニョプのイケメン対決

 そして、何といってもこのドラマの見どころとして外せないのが、タイプの異なるイイ男対決だ。あの名作「花より男子」の道明寺司VS花沢類の系譜に連なる、ヒロインを巡る恋の三角関係が繰り広げられる。

 チャウヌの恋のライバル役を演じたファン・イニョプ(30)は本作で人気大ブレイク。韓国で“サブキャラ病”なるブームを巻き起こしたほど。主人公ではなくサブキャラ、つまり二番手のキャラに夢中になるという現象だ。

「スホの恋のライバルとなるソジュン(ファン・イニョプ)は荒っぽくて一見怖そうなタイプですが、実は病気がちな母親を支えている孝行息子。スホ同様、外見と内面のギャップに魅力があるキャラクターです。ファン・イニョプの男っぽくて憂いある演技がとても素敵です。

 クールなチャウヌか、ワイルドなファン・イニョプか……。タイプの違うイケメン2人の間で、ヒロインだけでなく、観ているほうもドキドキ翻弄されると思います」(同編集部)

 チャウヌは新作ドラマ『アイランド』に出演することが発表された。同作は豪華キャスティングで、早くも話題になっている。いっぽう、ファン・イニョプの次回作は、チ・チャンウク主演『アンナラスマナラ』で、こちらも期待作だ。イケメンたちの今後の活動からも目が離せない。韓国ドラマやスターの最新情報は『韓国TVドラマガイド』でぜひチェックしてほしい。

関連リンク

  • 10/3 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます