再生回数4200万回超! 後ろ足麻痺のネコ、走る速さに仰天で嬉しいサプライズ!(米)

拡大画像を見る

米フロリダ州在住のTikTokユーザー、ジョシー・カーターさん(Josie Carter)が先月16日、愛猫“リル・ミャオ(Lil Meow)”の動画を公開した。

動画には「僕のネコは(後ろ足が)麻痺していて前足しか動かないけど、支障はないね」と言葉が添えられており、体重が3ポンド(1.3キロ)しかない小さなリル・ミャオが居間を走り抜けていく姿が映し出される。

リル・ミャオのスピードはかなりのもので、体を滑らせながらも目当ての餌に辿り着くまで前足を止めることはない。一方の後ろ足は体の横に投げ出されたような状態だが、特に気にする様子もない。

事故に遭ったリル・ミャオは医師から安楽死を勧められたというが、ジョシーさんはコメント欄で「安楽死を選択せずに本当に良かったよ」と明かしており、この動画を見た人々は次のような驚きの声をあげた。

「まるでウサイン・ボルトだね。」
「4本足のネコよりも速いのでは?」
「これではカーペットを敷くことはできないわね。でも可愛い!」
「後ろ足を引きずってお掃除してる?」
「ネコがハッピーなのが伝わってくる!」
「後ろ足は折れてそのままなのかな? 家具にぶつかっていて危ないかも。」
「真っ直ぐは歩けないようだから、後ろ足部分に車輪を付けてあげるといいのでは?」

なおジョシーさんは車輪を付けるというフォロワーの提案を受け入れ、小さなリル・ミャオのために犬用車椅子を購入することを決断。クラウドファンディングサイト『GoFundMe』を立ち上げて寄付を募ったところ、1日で目標額の500ドル(約55000円)を達成した。

ジョシーさんは「まさかこんなに多くの人に注目されるとは思わなかったよ。たくさんのサポートをありがとう!」と感謝を述べ、車輪が届いたらアップデートすることを約束している。

ちなみに2019年には、イギリスに住む6本脚の犬が、愛犬を亡くしたばかりの女性から車椅子をプレゼントされていた。

画像は『Josie Carter 2021年9月16日付TikTok「I love my parapellegic baby」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 10/3 11:56
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます