行列必至! 大阪の注目ラーメン店『麺に光を 別邸』の極旨「醤油そば」を食べてきた

『麺に光を 別邸』。どこか上品な邸宅を感じさせるようなネーミングでお店を構えるのは、大阪・ミナミの一等地にあるラーメン店。心斎橋に1号店があり、ここ別邸は2号店として、浪速区難波の大通り沿いに7月22日にオープンしました。

 瓦屋根と長屋のような木造の造りがラーメン屋とは思えない雰囲気。外観からして、清潔感漂うこだわり抜いた空間を感じさせます。

 オープン10分前。すでに3名の方が並んでいたので、先に食券を買って列に並びました。シンプルな垂れ幕がかかり、関西でいうところの「シュッとしている」文字に趣向を凝らしたデザインが個人的には好感度大! いざ、入店してみましょう。

 中は広々としていて、L字のカウンター席と2つのテーブル席がありました。期待通り、上品で清潔感のある店内はとても気持ちいい。これなら、女性一人でも気負いすることなく入店できますね。

 店内にある食券機で購入したのは、看板商品の「醤油の光」。なにやら最高級地鶏や最高級醤油を使用しているのだとか。お品書きには、それぞれの麺についてのこだわりがびっしり書かれています。ラーメンが出てくるまでこのお品書きを読みながら、さらに期待値が高くなっていく筆者です。

極上の黄金スープにひれ伏す! 看板商品の「醤油の光」

 運ばれてきた瞬間、感じたのは「美しい!」。深みのあるスープの中に、きれいに横たわる麺と鮮やかなむね肉、チャーシューたち。醤油のキャンバスに映える具材が美しく光っています。

 まずはスープから。醤油ベースとは知りながらも、あっさりとしたコクと、まろやかな口当たりがクセになりそうな味わい。色だけ見ると醤油ならではの濃い味を想像していましたが、醤油独特の濃さはありません。使用している最高級地鶏の「奥久慈しゃも」や「京鴨」、「丸鶏」などの出汁が存分に効いていて、旨みが際立っています。

 オーナー曰く、「ラーメンのことは基礎だけ知り合いに教えてもらい、あとは独自で味を作っていった」とのこと。試行錯誤を重ね、出来上がるまでに半年かかったという一杯。今でも年間300色はラーメンを食べ、日々探究心を忘れず精進しているそうです。

 麺はそば麺を使用しているそうで、スープに負けないコシと弾力があり、麺の味もしっかり感じることができます。柔らかさ抜群のむね肉、アクセントになっているゆずと三つ葉を麺とともに食べると、これまた味が変わって美味しい! 

 薄くスライスした肩ロースのチャーシューも柔らかく、麺の太さとのバランスが抜群です。チャーシューの下からは刻んだ白ねぎとメンマが顔をのぞかせ、バラエティ豊かな具材とのコンビネーションを楽しませてもらいました。

 最後まで飲み干せるほどのスープで仕上がったラーメン、ここにあり! 丹精込めて作り上げた、オーナーの技が「光る」一杯です。

(撮影・文◎道面 梓)

●SHOP DATA

麺に光を 別邸

https://www.instagram.com/ramen_menhika02/?utm_medium=copy_link

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/3 10:51
  • 食楽web

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • トリトン

    10/5 8:59

    基本を教えてもらい自己流で作るラーメンと修行してからアレンジするどちらが旨いのかな?まあ芸人とかタレントが出す店はなめてるから行かないだろうね。宮迫が知り合いが出した焼肉屋をよいしょしてるのをアップしてたが素人がまあ雇われ店長いるかもしれんが信用できないな。

  • いち(

    10/5 7:18

    930円(笑)

記事の無断転載を禁じます