アイドル気取りが鼻につくfacebookユーザーの特徴9パターン

facebookで自然と周りの男性から人気を集めてしまう美人女性ユーザー。確かに美人で人気者なのかも知れませんが、一方で「いちいち言動が鼻につく」とほかの女性ユーザーや冷静な男性ユーザーから反感を買いがちです。そこで『オトメスゴレン』女性読者に「アイドル気取りが鼻につくfacebookユーザーの特徴は?」というアンケートをとってみました。現在ちやほやされている方はセルフチェックにぜひご活用ください。

【1】自分が可愛く撮れた写メやプリクラばかりアップする
「芸能人気取りで自分撮りの写メばかり。フレンドから『可愛い!』って言われるのを待っているかのよう」(20代女性)というように、自分が可愛く撮れた写真ばかり投稿するパターンです。可愛い写真はたまに投下するのが良いでしょう。

【2】実際は可愛いのに自分を「ブスだ」「デブだ」と卑下する
「絶対思ってないし、『そんなことないよー』というツッコミ待ちなところがイヤミ」(10代女性)というように、自分を卑下する投稿が反感を買ってしまうパターンです。「デブ」は「体重が増えた」へ、「ブス」は「顔がむくんだ」などユルめな表現にすると良いでしょう。

【3】フレンドが可愛い子や男性ばかりである
「明らかに友達を顔や社会的地位で選んでる」(20代女性)というように、承認したフレンドが可愛い女の子や社会的地位のある男性ばかりというパターンです。誰にでも分け隔てなく接したら接したで八方美人と揶揄されてしまうおそれもありますが、男女比や年齢比に気を付けるなど、承認するフレンドのバランスにも注意してみましょう。

【4】悩み事を書きつつどこかに必ず自慢が入っている
「『今月は旅行で金欠ぅー』とか『毎晩パーティーでキツいー』とか。悩み事なんだけどレベルが高い」(20代女性)というように、悩み事ながらどこかに自慢が入るパターンです。単純に「お金がない…」「家に帰りたい…」と書いた方が良いかも知れません。

【5】「調子が悪い」「気分が優れない」など常にかまってオーラを出す
「周りの男が心配するのをわかっていて『ウツだ』とか『頭痛い』とか書く」(10代女性)というように、見た相手が思わず心配してしまうネガティブ投稿を放つパターンです。「ちょっとおなか痛いけど…あと一駅で家!」など発言内で不調を自己完結させると良いでしょう。

【6】「ぁたしゎ」「マヂで」などの小文字や半角カタカナを多用する
「若いのならまだしも、けっこう年のいった女性が使ってるとキツい」(30代女性)というように、「ぁたしゎ」「マヂで」など小文字や半角カタカナを多用するパターンです。年齢相応の表現を心がけた方が良いでしょう。

【7】ナンパされたり告白されたオチなし話をいちいち投稿してモテアピールする
「『またナンパされた、ウザい』とか毎日のようにモテエピソードを投稿すると本当かなと」(20代女性)というように、ナンパや告白などのモテアピールが鼻につくというパターンです。周りから反応がなくなってきたら相当呆れられているはずなので注意しましょう。

【8】謙虚なふりをしながら、発言や考え方がいちいち上から目線である
「物腰は柔らかいのに、言葉の端々に人を小バカにしたようなニュアンスがある」(20代女性)というように、発言が上から目線というパターンです。お姫様キャラとして笑いにしてしまうのも手ですが、少なくはないフレンドをなくす可能性があるかもしれません。

【9】自分のお気に入りの男性とばかりからんでそれ以外のコメントは無視する
「彼女宛てに投稿しても全然返信しないのに…。もう気持ちいいくらい性格が悪い」(20代女性)というようにお気に入りの男性とばかりからむパターンです。お気に入りの男性とはいっそダイレクトメッセージでいちゃいちゃしてはいかがでしょうか。

「アイドル気取りが鼻につくfacebookユーザーの特徴」には、ほかにどんなものがあると思いますか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(熊山 准)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/3 10:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます