シャワーを浴びない汚セレブ増加中。海外では「NO石鹸のタモリ式入浴」より過激?!

拡大画像を見る

 今夏ハリウッドでは“シャワー習慣”が大きな話題となったのをご存知でしょうか?

 きっかけは、アシュトン・カッチャー(43)とミラ・クニス(38)の夫妻が「毎日シャワーを浴びない」と発言したこと。他のセレブも巻き込んで、ネット上のディベートに発展しました。

◆NO石鹸!NO入浴!セレブの“アンチ・シャワー・ムーブメント”

 日本でも今年の春、窪塚洋介が入浴の際に「石鹸を使わない」と発言し話題になりましたが、この入浴法を提唱したのはタモリだといわれており、他にもローラや福山雅治、おぎやはぎ・矢作兼もタモリ式入浴を実践しているようです。

 ですが、ハリウッドには石鹸どころか「シャワーも浴びない」汚セレブたちが多く生息している様子。

『ヴォーグ VOGUE』によると、7月下旬にアシュトン・ミラ夫妻はポッドキャスト番組に出演し、自身や4歳と6歳の子供たちはめったにシャワーを浴びないと発言。

 アシュトンは「汚れが目に見えて分かるときは洗うけど、そうでなければ(シャワーを浴びる)意味がない」と持論を述べ、「自分の脇の下と股間は毎日キレイにしているけどね」とコメント。妻のミラは「1日2回の洗顔は欠かさないけれど、毎日石鹸で体を洗うことはしないわ」と語りました。

 その後、『ヴェロニカ・マーズ』や『HEROES』などのドラマで知られるクリスティン・ベル(41)とダックス・シェパード(46)夫妻も人気トークショーに出演した際に、6歳と8歳の娘たちの入浴を「忘れることが多い」と発言してシャワー論争に参戦。

 極めつけは、『ヴァニティ・フェア Vanity Fair』のインタビューで「シャワー習慣」について聞かれたジェイク・ギレンホール(40)の「年々、入浴の必要性を感じなくなっている」というコメントでした。

 彼が「もしも誰も入浴しない世界になれば、肌のメンテナンスにも役立つと思う。僕たちの肌は自然にキレイになる(性質を持っている)のだから」と説明したことで、各メディアがセレブたちの“アンチ・シャワー・ムーブメント”として取り上げ始めたのです。

◆赤ちゃん用おしり拭き派のブラピ

 過去にはブラッド・ピット(57)が「赤ちゃん用おしり拭きで脇の下をさっと拭くだけ」と告白しており、『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソン(35)は「髪を洗う意味がマジで分からない」と言っていたことも。

◆1日3回シャワーのロック様

 こうした有名セレブたちの“アンチ・シャワー・ムーブメント”に、立ち上がったのがロック様こと、元プロレスラーで俳優のドウェイン・ジョンソン(49)。

『インサイダー Insider』によると、シャワーを“浴びない派”のセレブたちに戸惑うファンのツイートに返答したドウェインは、自身が“浴びる派”であることをユーモアたっぷりに説明しました。

「“俺は洗わない”セレブとは違う。外に出て1日を過ごす前にコールドシャワー、仕事前のトレーニングの後にウォームシャワー、仕事から帰ってきた後にホットシャワー。洗顔、ボディーウォッシュ、角質除去、歌(キーの外れた)もシャワーを浴びながら済ますんだ」

 今回の論争のきっかけともなったアシュトン・カッチャーは、後日スポーツチャンネルESPNのカレッジスポーツ番組にゲスト出演した際、観衆の中から「シャワーを浴びろ」と呼びかけられたそう。

 では、専門家はこのシャワー論争をどう見ているのでしょうか?

◆ 専門家「あながち間違っていない」

 ニューヨーク大学ラングーンメディカルセンターで皮膚科准教授であるL・スティーブンソン氏は、「セレブが言っていることはあながち間違っていない」といいます。

 一般的に人間の皮膚は何もしなくても自分で調節しメンテナンスする力を持っており、ほとんどの人が石鹸でこすり過ぎたり、熱いお湯に長くつかり過ぎたり、シャワーを浴び過ぎたりすることで、肌が持つ油性の保護膜を取り除いてしまっていると言われています。

 スティーブンソン准教授の説では、石鹸でごしごし洗う必要があるのは脇の下、股間、足、それに汚れが目立つ部分のみで、その他は水でさっと洗い流すだけで十分。

 しかしこれは「シャワーを浴びるべきではない」という意味ではなく、普通肌の大人なら毎日シャワーを浴びても問題はないそう。

◆シャワーの頻度は諸説あり

 クリーブランドクリニックは、11歳までの子供なら、泥だらけになったり、大量の汗をかいたりしない限りは週に2~3回程度、それ以降は毎日シャワーを浴び始め、日に2回の洗顔も必要だと提案。

 一方、カリフォルニア州にあるプロビデンス セントジョンズヘルスセンターの小児科医であるダニエルS.ガンジアン博士は、子供は少なくとも週に一度は入浴させるべきだとコメントしています。

 シャワー頻度の提案こそ違いますが、どの専門家も共通しているのは「洗い過ぎ・こすり過ぎは肌に良くない」ということ。「毎日、石鹸を使わない」「シャワーは数日ごと」といったシャワー習慣を推奨する発言が目立ちました。

Sources:「Vogue」「Vanity Fair」「Insider」「Insider」

<文/橘エコ>

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。

関連リンク

  • 10/3 8:45
  • 女子SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます