「賢く合理的におしゃれしたい人」が知っておくべきファッションの基礎知識

拡大画像を見る

―[MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

◆101/108 プライムオーバークラッシュニット Vネックカーディガン(MAISON SPECIAL)1万7600円

 今年はニットカーディガンが大人気。それも淡い色みやリラックスフィットのものをキレイめな印象のスラックスに合わせるのが支持されています。

 背景にあるのはコロナ禍。外出の機会が激減したことでヨーロッパを中心に部屋着風の着こなしが人気に。日本でもトレンドとして台頭しています。

◆ファッションにおける「格好良さ」が時代ごとに変化

 ZOZOなどを見てもランキング上位にはこの手のカーディガンが並んでいます。軽い羽織ものとして活用時期も長いアイテムなので一枚取り入れておけば損ナシ。

 ファッションは時代ごとに「格好良さ」が変わっていきます。未来永劫に価値が変わらず、どの時代でも格好良くいられる服装はほぼありません。

「流行に流される」なんて表現がありますが、流されずとも多少なりはトレンドを意識しなければ、その時代の格好良さは掴めません。

◆D2Cブランドを活用することのメリット

 ’80年代に格好良かったスタイリングも、今写真を見ると「昔っぽい」「古くさい」としか思わないでしょう? 残酷ですが「格好良い」という価値観は時代ごとに変化してしまうものなのです。だから流行を適度に取り入れることはファッションにおいてマストなこと。

 そこで活用してほしいのが昨今話題のD2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)ブランド。中間業者を可能な限り省いて、自社製造・自社販売を行うブランドです。

 小売店などに卸している通常のブランド形式と異なり、圧倒的に価格が安く(原価率が高い)、トレンドアイテムも手頃な値段で手に入ります。

◆サザビーリーグが手がける「MAISON SPECIAL」

 こちらのMAISON SPECIALも大手サザビーリーグが手がけるD2Cブランド。

 今っぽいデザインと高級ブランドが使う極上素材を使っているのに「ビームスのオリジナル」くらいの価格帯に抑えてくれています。トレンドを賢く取り入れるためにはこの手のブランドを知っておくといいでしょう。

「リラックスウェアの流行なんていつ消えるかわからないな……」と思っても、この手のD2Cブランドなら上質なものが比較的手頃に手に入る。賢く合理的におしゃれをするなら意識しておいたほうがいいかもしれません。

商品、衣装/すべて私物 撮影/山川修一(商品) 岡戸雅樹(人物)

―[MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

【MB】
ファッションバイヤー。最新刊『最速でおしゃれに見せる方法 』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』ほか関連書籍が累計100万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超! (Twitterアカウント:@MBKnowerMag)

関連リンク

  • 10/3 8:54
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます