女性からの「逆プロポーズ」を成功させるコツって?

拡大画像を見る


プロポーズは男性から女性にするものだという定説がありますが、最近では女性から男性に逆プロポーズをすることも増えてきています。
「付き合っている期間が長いのに彼がプロポーズしてくれない!」「内気な彼がなかなかプロポーズに踏み出してくれない」などと悩んでいる女性は「逆に自分からプロポーズするのはアリ!?」と考えたりはしていませんか?
そんな女性の皆さんにプロポーズを成功させるコツを紹介していきたいと思います♪


タイミングを見計らう

男性からのプロポーズでも女性からのプロポーズでもまず大切なのはタイミングです。相手が忙しい時や余裕がない時にプロポーズしてしまうと、成功することでもなかなか難しくなってしまいます。
ではどんな時にプロポーズするのが良いのか一緒に見ていきましょう!


1、相手の仕事が落ち着いて収入面でも安定しているとき

せっかくプロポーズしても、相手の仕事が忙しかったり収入面で不安があるとOKしてもらえる可能性が下がってしまうかもしれません。
相手の身の回りのことが落ち着いていて将来に対する不安がある程度無くなったタイミングを見計らってプロポーズするようにしましょう!


2、体調を崩して気持ちが弱っているとき

一人暮らしをしている彼が体調を崩して看病などをしているときにプロポーズをすることもオススメです。
看病してもらうと二人で暮らす事の想像がし易いですし、弱っているときに看病してもらうことはとても心に染みるので、今後もそばに居てほしいなと思わせやすくなりOKしてもらえる可能性も高くなります。


3、引っ越しや転勤など今いる環境と変化があるとき

引っ越しや転勤などがあると一緒に暮らす提案をし易いタイミングになります。
同棲するのにも適したタイミングですので、遠くに異動になってしまった場合などはプロポーズをして一緒について行きたいという気持ちを伝えてみるのもアリですね!


4、親族や友人からのプレッシャーを感じたとき

彼の周りの人が結婚していくと自然と彼自身もプレッシャーを感じてきます。親から結婚を催促されたり友人の結婚式に出席したら尚更プレッシャーを感じることでしょう。
そんな彼の変化を感じたらプロポーズするチャンスです。彼が結婚に対して足踏みしている状態ならこちらから逆プロポーズをして背中を押してあげましょう!


まとめ

いかがだったでしょうか?結婚は二人の今後の人生を左右する決断ですから、どんな人でも自分からプロポーズするのって緊張しますよね。
女性から男性にするのは尚更ドキドキすることでしょう。人生の一大決心をしてプロポーズするのですから、こちらの記事を参考にタイミングを見計らって成功するように頑張ってくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/3 7:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます